救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

制裁と国際連携で全員救出実現を!−国民大集会報告



◆返すための実質的な協議の場に出てきなさい

西岡力(救う会会長、東京基督教大学教授) ありがとうございました。今日も貴重な意見がたくさん出ました。救う会の立場から、一言だけ申し上げたいと思います。
 荒木さんとは色々なことで考えが違うんですが、一致していることもあります。今やらなければいけないことを、やっておかなければならない。できる限りのことをやって、後悔してはならないと思っています。そのために一歩一歩、できることをやる。それについては全く考えが同じです。
 今、家族から、北朝鮮にいる被害者について話がありました。私たちはここで北朝鮮の指導者に、話をしたいと思います。本当に返す気があるのか、と。返しなさい、と。日本は、返すための交渉をする準備ができている、と。
 核と拉致問題、両方重大な問題ながら、日本にとって人質を一日も早く取り戻すということは最優先で取り組むと総理が言っているじゃないか、と。返すための実質的な協議の場に出てきなさい、と。
 ストックホルム合意の一番の欠点は、返す決断をしないであなたたちが出てきたことだ。だから進まないではないか。日本と話をしたいのであれば、全員返すという決断をして、実質的な協議の場に出てきなさい。
 本当にそれをしないのであれば、我々はあなたたちの未来をなくす、と。それくらいの覚悟を持って、そして日本にそれくらいの力があるのだから。国際社会が制裁しているのは、我々が、日本が主導しているんだ。返す気があるなら、あなたたちは実質的な協議の場に出てきなさい。決断をしなさい。
 決断をするまで我々は、国際連携と圧力を緩めることは絶対にない。怒りを小さくすることは絶対にない。家族は年齢が高くなったからみんなが忘れるだろうと、そんなことは全くない。家族の人たちが一人ひとりいなくなっていったら、もっともっと怒りが強まるんだ。
 時間はあなたたちの味方ではない。返すための実質的な協議の場に出てきなさい。救う会として訴えたいと思います。
 最後に、本日の決議案を拉致議連の事務局長代理である笠浩史先生にお願いします。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3