救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

制裁と国際連携で全員救出実現を!−国民大集会報告



◆時間が経てば経つほど北朝鮮が困るという制度と仕組みを

泉田裕彦(新潟県知事、知事の会会長代行) 皆さん、こんばんは。本日は本当に大勢の皆様にご参集をいただき、誠にありがとうございます。
 今まで諸先生方がお話になったように、拉致問題の進展が見られない。極めて残念です。こういう時に重要なのは、国論を一つにして決してぶれないこと、これに尽きると思います(拍手)。
 知事の会は今日、埼玉県、東京都、神奈川県、京都府から副知事も一緒に来ています。
 今北朝鮮から、揺さぶりをかけよう、国論を割ろうという働きかけを感じないわけではありません。しかしながら、同胞を取り返す、そしてまた世論を決して風化させない。この取り組みを各県が力を挙げて進めたいと思います。
 若干報告をさせていただきます。新潟県においては、今まで話を聞いたことのない方に是非足を運んでいただきたい、集会に来ていただきたいということで、各団体に割り振って、来たことのない方にお話をしていただく取組みをやっています。
 今日も曽我ひとみさんがお越しですが、署名活動、街頭に立たれて、拉致問題を訴えておられます。頭が下がる思いです。「お母さんに何としてもご恩返しをしたい」、その一心で、拉致問題の取組みをされています。
 こういう気持ちが広く伝わる。そして日本は、決して拉致問題が解決するまで国論が動かない。こういう体制を作る中で、政府には是非思い切った対応をしていただきたい。それを作る環境を、知事の会として、取組みを進めていきたいと思います。
 今北朝鮮が時間を稼げば稼ぐほど有利になるという環境があるのではないか。これを懸念しているところです。日本側の関係者が高齢化していく。活動ができなくなる。今日は平沼先生もお越しいただけなかった。時間が経てば経つほど、得る物は変わらず日本側の圧力が弱まると考えられては困る。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3