救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

制裁と国際連携で全員救出実現を!−国民大集会報告



◆大きなリスクではあるけれど、大きなチャンスだ

上田勇(公明党拉致問題対策委員長、拉致議連副会長、衆議院議員) こんばんは。今日は国民大集会に多くの皆様方が、大変お忙しい中このようにお集まりをいただきましたこと、心から敬意を表したいと思います。
 目に見える成果がなかなか現れない中で、またこの大集会を迎え、ご家族の皆様方の心境に思いを致すと胸が痛むばかりです。
 先ほど安倍総理が、「拉致問題の解決は安倍政権の最優先事項だ」と述べられていました。私たちもこの内閣の取組みを支持し、後押しをしていく。国会としての強い決意を示していかなければならないと考えています。
 北朝鮮が、核実験、ミサイル発射。国際社会から孤立をし、今かなり追いつめられていることは間違いありません。わが国も、この状況、拉致問題を解決していく大きなリスクではあるけれど、大きなチャンスだと認めなければなりません。
 日本も圧力をさらに増してきて、この機会に拉致問題が解決できるように最善を尽くしていかなければなりません。
 北朝鮮は、国連の決議があって、世界中の国が制裁を加える。これまで後ろ盾になってきたような国もそれに従うというような状況になってきました。今こそそういうチャンスが訪れてきている。国内が、がたがたになってきていると思います。
 その意味で、色々とご心配をされる向きもありますが、日本は一糸乱れず圧力を強化していく、強い姿勢で臨んでいく。そのことが政府の交渉の後押しをしていく何よりの力だと思っていますので、これからも内閣、そして各党の議員の皆様ともしっかりと協力をしながら全力を尽くしていく考えです。
 そしてそれを、本当に実効あるものにしていくには、何よりも多くの国民の皆様方のご支援、強い後押しが必要です。私たちも全力で頑張っていく決意ですので、どうかまた皆様方にも一層のご支援、ご協力をいただけますように、お願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。本日はありがとうございます(拍手)。
西岡 ありがとうございました。次に、日本のこころを大切にする党、本来中山恭子先生が来て下さるところでありますが、「どうしても日程の都合がつかない」ということで、代わりとして浜田和幸先生が来てくださいました。浜田先生お願いします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3