救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

制裁と国際連携で全員救出実現を!−国民大集会報告



◆机をひっくり返すような行動をしないと、本気で怒っていると思わない

松原仁(民進党拉致問題対策本部長代行、元拉致問題担当大臣、拉致議連幹事長、衆議院議員) 先ほど、安倍総理がこの場に来て、お話をされました。総理のこの問題に対する思い、大変な決意を私は感じていますし、拉致問題の解決は国をあげて行う。日本の国の全体の本部長は安倍総理ですから、総理の情熱と今までの知見の中で、是非ともこの拉致問題を解決してもらいたいと思っています。まず冒頭これを申し上げておきたいと思います。
 その上で、私はいくつかのことを今日この場で申し上げたいのです。もちろん、国際的連携による締め付けが極めて重要なることは言を待ちません。
 しかし私は、拉致問題担当大臣の時に感じたことは、北朝鮮との交渉において、最も重要なことばバイ(二国間)の交渉です。それは、日本と北朝鮮とのまさに相対する一対一の交渉。ここにおいて我々は大きな戦略を練っていかなければいけない。これが大前提であるというのが私の認識です。おそらく総理も、その認識は同じであろうと私は思っています。
 北朝鮮という国は極めてとんでもない国です。しかし我々は、北朝鮮と交渉するにおいて、彼らのあの直情的な感情的な行動というものに関しても、研究をしておかなければいけないと思っています。
 私が北朝鮮の様々なエージェントと担当大臣の時議論しました。確証はまだつかんでおりませんが、北朝鮮の前の金正日が5人の拉致被害者を指名した。彼がなぜそれをしたのかというと、小泉純一郎総理が北朝鮮に対して「ふんどし1ちょうで俺は行くぞ」と言ったと彼らは言っていました。「ふんどし1ちょう」とはどういう表現かについては考え方はあるでしょうが、とにかくそういう感情的な表現が彼らの琴線を動かした。そういう国民性なんでしょう。
 私はこの問題の解決には、我々の日本人としての国民性だけでなく、交渉する相手の国民性も極めて重要だと思います。彼らは、怒る時は机をひっくり返して怒った振りを含めてするわけです。
 我々が本気で怒っているなら、我々も机をひっくり返すような行動をしないと、彼らは本気で怒っていると思わない。簡単に言うならば、先ほど総理がおっしゃった2年間ストックホルム合意を続け、あの時から多くの関係者が拉致の問題と日本人妻の問題を一緒にするのはとんでもないと言っていました。2年間、何の成果もない。我々が本気で怒っていることを北朝鮮に示すならば、私はストックホルム合意は破棄するべきだと思っています(拍手)。
 そうしなければ、彼らには日本人が、日本国民が本気で怒っているということがどこまで伝わるんだろうかと思います。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3