救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

制裁と国際連携で全員救出実現を!−国民大集会報告



◆今こそ取り返すチャンス

飯塚繁雄(田口八重子さん兄、家族会代表) 水面下で色々やっていただいているとは思いますが、我々の最終的な目的は被害者の帰国です。我々としてはこれ以上ありません。確かに核・ミサイルは脅威ですが、まず目先にはっきりとした問題として見えるのは拉致です。長年かかっている今こそ取り返すチャンスだと私たちは見ています。
 隣の韓国でも、拉致被害者を相当数抱えています。その辺の協力体制を含めて、是非前向きに、能動的に動いていただいて、強力な姿勢を是非示していきたいと思います。北に対する圧力を含めた強いカードを示すことにも結び付くと思います。今こそ拉致問題の解決、被害者の帰国にとっていい機会であるというとらえ方で、今後も早急に対応していただけますよう、日本が全国一丸となって解決への取り組みを目指していきたいと思います。

 宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。

西岡 続きまして、主催者を代表して、拉致議連の平沼赳夫先生にご挨拶をいただくといころですが、平沼先生は2度目の病気で倒れられました。1度目の時は回復されて、我々と一緒に海外に行かれたのが2008年でした。アメリカがテロ国家指定解除をするとの情報があり、ヒルさんに会いに、病身を押して行ってくださいました。どの病気も身体にあまりよくないと思うんですが、行ってくださいました。
 大臣もされた方なのに、ホワイトハウスに入る時は我々と共に、普通の人たちと同じように並んで入ってくださって、命がけで取り組んでくださったのだなあと思います。
 しかし、もう一度倒れられました。今はリハビリをされているということです。拉致議連の会長としてのメッセージをいただいてきました。それを代読させていただきます。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3