救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

ストックホルム合意から1年半‐被害者救出のために今必要なこと 東京連続集会88 全報告



◆日本政府はちょろいと思ったら大変なことになるぞと知らせる


西岡 「ちょろい」というお話がありましたが、一方で向こうが一生懸命やっていたのが、日本政府が一体どれくらい情報を持っているかです。ちょろいかどうかというのは、生存情報をどれくらい持っているかと比例するわけで、私が聞いているのでは、去年の10月に日本政府代表団が行った時の招待所などでの会話、日本の記者たちの会話を全部分析したそうです。
 その結果、ほとんど情報を持っていないという結論になったということを聞いたので、田口八重子さんは病気ですよということを、飯塚さんと相談の上ですが、そんなに簡単ではありませんよ、今現在のことも分かっているんですよということで、一つだけオープンにしました。
 そこも緊張関係ですから。だから「ちょろい」なんて思ったら大変なことになるぞ、と。あなたたちの方に裏切り者がいっぱいいて、情報を売っているんだぞ、と。金正恩氏も、「逃げる、逃げる、保衛部まで逃げる」と半年くらい前に言ったそうです。最近自分の側近がどんどん逃げている。
 朴槿惠大統領は、今年7月に、「大物が逃げてきているから来年統一するかもしれない。準備しなければいけない」と会議で言っているんですが、そういう中で色々な情報が外に漏れてきているのも確かです。
 これは今インターネットでも中継されていますので、「ちょろいと思ったら大変なことになるよ」ということをまず言っておきたいと思います。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3