救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

ストックホルム合意から1年半‐被害者救出のために今必要なこと 東京連続集会88 全報告



◆「被害者を殺して死亡の証拠を作る準備中」との情報あり、だから安全確保が第一と

西岡 去年のことですが、ペーパーの内容分析もありますが、それよりも色々な情報がありましたので、より一層緊張していました。
 まず、張成沢の処刑が一昨年の年末にありました。「張成沢氏は、対日交渉をやらなければいけない。拉致が困難であれば動かすことも考えている」という情報があったので期待していたのですが、そういう人が殺された。絶望になるのではないかと。つまり対日を進めるべきという人が殺されたということは、対日はタブーになってしまうのではないか、とも思って大変緊張していました。
 そうしたら、動き始めた。しかし、動かしている側は張成沢が拉致も含めて動かそうとしていたことに反対している側が乗り出してきていた。それが拉致を含めて交渉すると言っている。これはどういうことだろうかと思ったのですが、いくつかの情報ラインから、「生きている人を殺して死亡の証拠を作る準備をしている」と聞きました。そして、去年のストックホルム合意の前後、「今一番危ない」と聞きました。
 それで中山先生の所に行って、ストックホルム合意の文書の問題もあるが、それよりも、本人の意思を聞くという前に、本人が遺骨に変えられて日本に帰るということさえありえる。そういう枠組みで進められている。
 だからまず第一に、被害者の安全を確保しない限り、次に進めないとお話し、申入れにも書いていただいて、私も色々なところで言いまくって、テレビなどでも言いました。増元さんも政府の人に直接、一番の危機ではないかと強い言葉でおっしゃっていたのを覚えています。
 つまり、北朝鮮側からすると、5人の拉致を認めて日本から多額のお金を取ろうという作戦をやったわけです。その時にも、返さなかったのが8人なんです。これは金正日氏が判断したんですが、あの時、めぐみさんや八重子さん、恵子さんが帰ってきていたら、あるいはるみ子さんたちが帰ってきていれば特定失踪者という言葉もありませんでしたから、「よかった、よかった」となって、アメリカは、核問題があるのになぜ拉致だけでお金を出すのかという雰囲気になったと思いますが、そうはならなかった。
 向こうにとってチャンスだったにも関わらず、生きている人を「死んだ」と言わざるをえなかった。それは(被害者が)秘密をたくさん知っているからです。出せない秘密を知っている人がいる。出せないと言っている側の統一戦線部が、去年の交渉を始めていたので、出せないにもかかわらず交渉するということは、死亡の証拠を出す準備をしているんじゃないか、と。
 北朝鮮は、日本の経済制裁や国際社会の圧力が効いて苦しくなってきた。拉致を動かさなければならない。それは日本の世論に合う形で動かすのではなく、自分たちの希望で拉致を動かそうとした。そして2002年に通報したことに合せた証拠を捏造するのではないか。理論的に考えてもそれしか考えられないし、そういう情報が複数ありました。
 まずそれを止めることができれば、難しい交渉がこちら側に有利になるかもしれないと思いました。情報源のことがあるのでかなり危険なんですが、遺骨を作る準備をしていることを知っているのはごく限られた人です。だから私は、日本の技術では死亡の時期が分かる。しかしある温度で焼いたら死亡の時期が分からなくなる。その実験をヨーロッパでやっているという具体的な情報を公開しました。
 このことを知っている人はそんなに多くないので、なぜこのことが(外部に)出たんだということになって、それ以上情報が取れなくなる、あるいは情報をくれた人が殺されるという危険性もあったんですが、最優先すべきは被害者の命だと思ったので、そういうことをしました。
 そして先月までに私に届いている情報では、まだ殺されてはおらず健在で、主要な人たちは生きていると聞いています。そこのところは、「危ない、危ない」とみんなで言って、中山先生にも次世代の党の申入れにも書いていただきましたし、自民党の古屋圭司先生にも、交渉の条件として「安全確保が第一」と入れてもらいました。
 伊原局長も、交渉の場で「安全ということを言っています」ということでした。意味はどういうことなのかわかりませんが、そういうことを言っている。そういう緊張関係がありました。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3