救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮はどう動くか-東京連続集会87 全報告



◆飯島参与発言を問い詰めたい


本間 勝(田口八重子さん兄) みなさんこんばんは。今日もいっぱい集まっていただきありがとうございます。
 今日の集会の中で、国連に行って堂々と発言してきた拓也さんと耕一郎に感謝したいと思います。ありがとうございました。
 北朝鮮の回答が既にできているけれども、日本政府が受け取らないんだ、ということ。西岡さんが言われましたが、飯島参与という北のスピーカーの人が、「生存率が50%」と言ったということは、私としては気になります。
 それはなぜかと言えば、北の秘密を知っている人、八重子は当然大韓航空機事件の金賢姫の関係で関与していますから、そういう人については解決が難しいということでしょう。めぐみさんにしても、中枢の人に深く関わっていた。そういう人が50%の中に含まれないことにつながっていくのかなと思いますし、そういうことに絶対ならないようにしてほしいと思います。
 まず、そういうことが見えているなら、飯島参与に、「どういうことでそこまで言っているんですか」と。安倍政権の中の参与の立場の人がそういうことを言うというのは非常に重いことなんです。それを問い詰めたいと思います。
 それと、拓也さんが行っている通り、金正恩を追いつめることです。刑事裁判にかけて、「拉致問題が長くなればなるほどあなたの罪は重くなるんですよ」、「処刑されますよ」ということをどんどん発信して、金正恩を追いつめないと、この問題はなかなか決断しないと思います。
 そういうことで、まずやるべきことは、我々は時間がないから期限を設けよとか、今年の12月の北朝鮮人権啓発週間までに解決させるべきということを言っていきたいと思います。明日の大臣面会もたのしみにしています(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3