救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦のとき、不退転の決意で全員救出を!国民大集会報告



◆決議文採択

笠浩史(拉致議連事務局長代理)
 みなさん、長時間お疲れ様です。決議案文を朗読させていただきます。
 北朝鮮は13年前の9月、拉致犯罪を自白し謝罪した。しかし、独裁者金正日は「拉致したのはわずか13人だけ」「5人生存、残り8人は死亡」という新たなウソをついた。金正日の後を継いだ世襲独裁者金正恩は、昨年、「再調査」を約束した。
 私たちは、あくまで13年前のウソを北に覆させる便法として、「再調査」と日朝協議の行方を一旦見守ることとした。ところが、わが国交渉当局は、被害者を一括して返すという基本的確認を取っていなかった。それなしに、制裁を解除し、総連中央本部建物への居座りを許すという、行動対行動の原則を破る事態が続いた。その結果、認定の有無にかかわらず全被害者を助けるという目標はいまだに何一つ実現していない。
 安倍晋三総理は今年4月、私たちの前で「拉致問題の解決なしに北朝鮮は未来を描くことができない」と宣言した。しかし、金正恩政権は遺骨偽造技術開発をつづけ、13年前の死亡、未入境という通報は正しかったという報告書を準備しているという情報がある。北朝鮮で救いを待つ被害者と、わが国で帰りを待つ家族は、この間、限界を超える緊張と苦しみを強要され続けている。もはや、一刻の猶予も許されない。
 政府は一括帰国の期限を設定し、それが過ぎても被害者を返さない場合には、昨年の合意を白紙に戻して、解除した制裁をかけ直すだけでなく、できうる最大限の制裁をかけ、「金正恩政権の未来をなくす」を実行すべきだ。立法府も、北朝鮮のようなテロ集団を支える活動を断固阻止する新法を制定するなど、対北圧力強化に力を尽してもらいたい。
私たちは次のことを強く求める。
一、北朝鮮は全拉致被害者を一括して今すぐ帰国させよ。
二、日本政府は北朝鮮に対して、全被害者の一括帰国を要求し続けよ。全被害者の一括帰国を約束しない「報告」や「死亡の証拠」などを受け取ってはならない。
三、日本政府は、全被害者の一括帰国の期限を設定し、それが実現しなければ昨年の合意を白紙にして、未来を描くことが困難になるような強力な制裁と国際圧力をかけると通告せよ。
四、立法府は、テロ集団を支える活動をわが国内で行うことを阻止する新法を作れ。

平成27年9月13日
「最終決戦のとき!不退転の決意で全員救出を!国民大集会」参加者一同
 以上であります(拍手)。

櫻井よしこ
 大きな拍手をいただき、この決議案を了承とさせていただきます。ありがとうございました(拍手)。
 ではここで、全員を取り返す決意を新たに示すために、西岡さんのリードで、シュプレヒコールを行いたいと思います。皆さんご起立をお願いいたします。
西岡
 シュプレヒコール! オー!
 北朝鮮は全拉致被害者を一括して今すぐ帰国させよ!帰国させよ!帰国させよ!
 政府は全被害者の一括帰国を要求せよ! 要求せよ! 要求せよ!
 一括帰国を約束しない報告など受け取るな! 受け取るな! 受け取るな!
 政府は期限を設定して被害者帰国が実現しない場合は
 最大限の制裁をかけよ! かけよ! かけよ!
 我々はオールジャパンの力で
 すべての被害者を取り戻すぞ! 取り戻すぞ! 取り戻すぞ!
 ありがとうございました(拍手)。
櫻井よしこ
 皆さん本当にありがとうございました。みんなの力で全員を取り戻しましょう。本当にありがとうございました。
 最後にご報告ですが、現在1134万人の方々署名をしてくださっています。どうもありがとうございました(拍手)。

以上

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■