救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦のとき、不退転の決意で全員救出を!国民大集会報告



◆交渉体制をもう一度抜本的に立て直さなければならない

上田勇(公明党の拉致問題対策委員長) 皆さんこんにちは。公明党拉致問題対策委員長の上田勇です。今日は国民大集会にご参加の皆様大変ご苦労様です。地元の日程の調整がつかず、遅れましたことをお詫び申し上げます。
 拉致問題は政府として一生懸命取り組んでもらっていることは間違いないと思いますが、残念ながら結果が出ていません。この交渉体制をもう一度抜本的に立て直さなければならないことを検討すべき時期に来ていることは間違いないと思います。
 対話と圧力という中で、進展を期待して一部制裁措置を解除しましたが、進展がない中で、解除したものをもう一度元に戻し、さらにどういう圧力をかけることが一番効果があるのかも、政府、国会の場で研究、実行していかなければならないと考えています。
 そして政府と各政党が一致協力してこの問題が早期に進展するように、全力をあげていかなければなりません。安倍総理のもとで、今政府も全力で取り組んでいることは間違いありませんが、私たちもそれをさらに後押しし、皆様のお力でそれをさらに進めていくように、皆様方のご協力もお願い申し上げます。
 微力でありますが、私たちも全力で頑張りますので、宜しくお願いいたします。今日は大変ありがとうございます(拍手)。
櫻井よしこ
 上田さん、どうもありがとうございました。では「知事の会」からもう一方、新潟県知事の泉田裕彦さんにお願いしたいと思います。新潟はご存じのように、横田めぐみさんたちが拉致された場所です。その新潟県から泉田知事がかけつけてくださいました。宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3