救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦のとき、不退転の決意で全員救出を!国民大集会報告



◆北朝鮮日本人拉致テロ事案と言おう

井上義行(日本を元気にする会拉致問題対策本部長) またこの時期がきて、皆様に謝らなければならない。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 あの重い扉が開いて、1年が経って、まだ家族が(被害者を)抱きしめられない状況に、一人の政治家として皆様に、そして家族の皆様にお詫びしなければならないという思いです。
 私は、先ほど来お話があった安保法案の参議院の審議の中で、毎回のように言っているのは、私独自の北朝鮮拉致被害者救出法案を提出し、政府や様々な与党の人たちに討議を通じて呼びかけています。
 先ほどの中山先生のお話の通り、確かに今の憲法では、総理が言っているように、アメリカと共同して救出する方法しかないのかもしれません。しかし、人権法案では、「拉致被害者の救出は国の責務」と法律に書いてあるんです(拍手)。
 国の責務だからこそ、それを越える新たな判断が必要だと私は考え、この試案をずっと提出し質問をしています。政治家も行政も一体となって拉致被害者を救出しなければならないと思っています。
 そこで私は、今回のこの大会を機に、やはりキーワードを変えていかなければいけないのかなと思っています。あの2002年と、その後被害者の家族が帰って来た時、まさに北朝鮮はテロ国家という言葉が多く使われました。
 私はこれから、北朝鮮日本人拉致テロ事案というふうに、テロという言葉を多く伝えることによって、北朝鮮が本当にテロ集団であり、国際社会から孤立するということを、強く求めなければならないと思っています(拍手)。
 もしかしたら金正日総書記は、寅さんが好きだとか、日本文化とか、そういうものをある程度集めていたような気がします。しかし金正恩第一書記が、日本の国あるいは日本人に興味を持っていないとすれば、やはり日本からの情報、多くの海外からの情報で、北朝鮮というテロ国家が日本人拉致を未だに囲い込んでいるということを、我々自身が声を上げ、世界に発信していかなければならないと思っています。
 今後とも、皆さんと共に、この北朝鮮というテロ国家に対し、我々の強い怒りを皆さんで示そうじゃありませんか。どうぞ皆さん、この大会を機に北朝鮮に強く、拉致被害者を返すように求めていきましょう。宜しくお願いいたします(拍手)。
櫻井よしこ
 どうもありがとうございました。自民党、民主党、そして後程公明党の上田さんがいらっしゃいますが、それに維新の党、次世代の党、そして日本を元気にする会と6つの政党の代表に今日はお出でいただいています。この6つの政党は全議員数でいうと、9割を越える議席を持っています。
 日本の政治家、政党のすべてが拉致問題で心を一つにしてくださるということ、このことを大事にして、私たちは北朝鮮にメッセージを送り続けなければならないと思います。
 ここで、塚田一郎さんに、今日ご参加のご紹介をお願いしたいと思います。拉致議連の事務局長であり、自民党参議院議員の塚田一郎さん、宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3