救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議の遅延をどう打開するか」全報告



◆待ちの姿勢が遅延している原因

本間勝(田口八重子さん兄) 今日のテーマは、なぜ遅延しているのかです。皆さんが色々言っておられましたが、今遅延している。伊原局長が平壌に出かけて、向こうの窓口、特別調査委員会と交渉を始められました。そういう窓口があるのなら、そことどんどんやればいいと思うんです。
 今できることは、よど号犯が向こうにいて日本に帰りたがっているから、一時帰国させて、拉致の実態を追及していくこともできるし、寺越武志さんが向こうにいて友枝さんが年中行っている。それも誰かが帰ってくるパターンの一つになる。返さないが自由に往来させる道にもつながると思います。
 すでに判明している人たちの問題を、滞っている中で交渉して、私たち(認定被害者)12人の行方も追いかけていけばいいと思います。待ちの姿勢が遅延している原因なんです。
 今国連で裁判しようとしている北朝鮮の首領のテロ行為、私の妹八重子が大韓航空機事件に関与していることを北は認めていません。それを認めさせる段階になればこの問題も進むと思います。ありがとうございました(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■