救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議の遅延をどう打開するか」全報告



◆北朝鮮を困らせることが一定程度できたから交渉が始まった

 金正恩は狡猾ではないですから、核保有国だと憲法に書いてしまいましたので、漢方を改正しない限り、核をやめる交渉はできないんです。金正日だったら憲法に書かないで、「止めています」と口で言って、援助をもらい続けたと思いますが、それはできない。それも弱さの現われだと思います。従ってアメリカに接近することはできません。
 日本は、核・ミサイル以外に拉致もある。接近しやすいわけです。韓国はどうか。韓国は3年後に大統領選挙があります。その大統領選挙で、また太陽政策をする政権ができる可能性がかなりありますが、保守勢力と今の朴槿恵政権と交渉するのは政治的にマイナスです。3年後に備えた方がいい。
 そうすると日本。そして拉致を動かせばいい。拉致を見せれば日本が食いついてくると思ったということです。彼らの狙いはお金で、拉致は餌だと思っている。我々はお金は餌で、拉致被害者を取り戻そうと思っている。
 北朝鮮が困らなければ交渉は始まらないと何回も言ってきましたが、困らせることが一定程度できたから交渉が始まったのだと思います。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■