救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「もう我慢できない。今年こそ結果を!国民大集会」全記録



◆早く胸に抱かせてやりたい

市川健一(市川修一さん兄)
 こんにちは。5人の被害者が帰国してから12年の歳月が流れています。被害者家族も親も高齢化してきて、平均年齢が86歳になっています。私の父は3月で99歳になりました。
 父の顔を見ると本当に涙が出て、早く胸に抱かせてやりたい、そればかりが毎日毎日、心につのってきます。早く抱かせなければ、本当に間に合わない。それを思うと本当につらい。
 先月、ロシア、スペイン、タイのメディアが私の家に来られました。2、3日前、スペインとタイの最有力の機関紙が新聞に掲載したのを私の家に送ってくれました。これを機に、国際社会の関心が高まればありがたいなと思い、それをすごく期待しています。
 被害者全員が祖国の土を踏むまで、皆様方のお力を私たち家族にお貸しください。宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3