救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮による拉致被害者の分類



拉致の目的韓 国 人外 国 人
(1)労働力や兵
士の確保
朝鮮戦争当時の韓国人大量移送(10万人)
(2)特殊技能者
(専門家)の確保
李升基(1950年。45歳、化学者)
尹静姫(1977年未遂。28歳、女優)
白建宇(1977年未遂。31歳、ピアニスト)
崔銀姫(1978年。48歳、女優)
申相玉(1978年。52歳、映画監督)
(日本人印刷関係者)
(日本人電話関係者)
(日本人医療関係者)
(3)背乗り
(身分盗用)対象
久米 裕(1977年。52歳、警備員)
小住健蔵(1979年。46歳、旋盤工)
原 敕晁(1980年。43歳、調理師)
など
(4)工作員に
するため
民約500人(1955〜1976年。)
李校(1977年日。18歳、高校生)
崔承民(1977年。17歳、高校生)
金英男(1978年。16歳、高校生)
李明雨(1978年。17歳、高校生)
洪建杓(1978年。17歳、高校生)
呉吉男(1985年。43歳)一家
 申淑子(1985年。43歳、妻)
 呉恵媛(1985年。9歳、長女)
 呉圭媛(1985年。7歳、次女)
浜本富貴恵(1978年。23歳、店員)
田口八重子(1978年。22歳、店員)
シハーム・シュライテフ(1978年。21歳、レバノン人女性)
サミア・カブラ(1978年。レバノン人女性)
ナイマ・カシル(1978年。レバノン人女性)
ハファ・スカフ(1978年8月。レバノン人女性)
フランス人女性 3人(1978年にレバノン人拉致被害者が目撃)
イタリア人女性 2人(1978年にレバノン人拉致被害者が目撃)
オランダ人女性 3人(1978年にレバノン人拉致被害者が目撃)
など
(4a)よど号
グループ
(自主革命党)の
同志獲得
福留貴美子(1976年。24歳、大学卒業直後)
石岡 亨(1980年。22歳、大学卒業直後)
松木 薫(1980年。27歳、語学留学生)
有本恵子(1983年。23歳、語学留学生)
米村邦弥(1987年。32歳)包摂に成功
(5)工作員の
現地化教育の
教官
李校ら5人の高校生
高相文(1978年。29歳、教師)
徐ジェソク(1978年。38歳、教師)
李宰煥(1987年。25歳、米国留学生)
横田めぐみ(1977年。13歳、中学生)
地村保志(1978年。23歳、大工)
蓮池 薫(1978年。20歳、大学生)
市川修一(1978年。23歳、公社職員)
孔令※(1978年。20歳、マカオ人店員) ※=讐の隹を貝に
フライス人女性など
(6)拉致被害者
などの結婚相手
奥土祐木子(1978年。22歳、販売員)
増元るみ子(1978年。24歳、会社員)
曽我ひとみ(1978年。19歳、看護婦)
アノーチャー・パンチョイ(1978年。23歳、タイ人店員)
ドイナ・ブンベア(1978年。28歳、ルーマニア人女性芸術家)
シハーム・シュライテフ(1978年。21歳、レバノン人女性)
など
(7)反北活動の
阻止
安承運(1995年。50歳、牧師)
チャン・セチョル(1999年。52歳、貿易業者)
尹イクフン(1999年。47歳、実業家)
金東植(2000年。53歳、牧師)
デヴィド・スネドン(2004年。24歳、中国留学生)
(8)対南宣伝に
活用
呉益済(1997年。68歳、天道教教領)
(9)秘密隠蔽
(事件発覚阻止)
寺越昭二(1963年。36歳、漁師)
寺越外雄(1963年。24歳、漁師)
寺越武志(1963年。13歳、中学生)
渡辺秀子(1974年。32歳)(殺害か)
 高敬美(1974年。6歳、長女)
 高 剛(1974年。3歳、長男)
  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3