救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「すべての拉致被害者を救出するぞ! 国民大集会」全録画



家族会、救う会、拉致議連、知事の会、地方議連の5団体が主催し、今年2回目の国民大集会が、9月16日、日比谷公会堂で開催された。
 台風18号が関東地方を含め日本列島を縦断し、交通機関が全国的に混乱した中で1200人もの参加者があり、拉致被害者救出の強い意思を示した。
 国民大集会には安倍晋三・内閣総理大臣も参加し、「安倍政権の間に拉致問題を解決する」と強い決意を述べた。また、古屋圭司拉致問題担当大臣が最近の政府の動き等についてプロジェクターを用いて詳しく報告した。
 また今回は、「何が起きていたのか! 北朝鮮が世界中で拉致した35年前の夏」というテーマのもと、家族会、救う会が拉致被害者から聴取した情報と現場調査を踏まえ、西岡力・救う会会長とジャーナリストの惠谷治氏が35年前のアベック拉致の5つの共通点を示した。
 4月の国民大集会で安倍総理に累計約1027万筆の署名目録を手渡したが、9月13日時点での署名数が約44万筆増えて10,712,331筆になったことが報告された。
















  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3