救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「よど号犯による拉致事件を考える 東京連続集会73」全記録



◆期待して待つ


飯塚 いつもありがとうございます。今年ももう半年が過ぎようとしています。去年は、「今年が勝負の年」と言っていましたが、具体的な動きが全くないということです。
 本日はよど号犯関係の拉致について、皆様によく知っていただいて、今後どうするかです。もちろんこの問題は、政府がきちっとフォローして、今までの反省に立って、何をするかにつなげていかなければならない話です。
 肝心なことは、反省を踏まえて、今何をやるか、これから何をするかです。それを私たちはいつも求めています。幸い安倍政権になってからそういった意気込みはありますが、まだ具体的な手筈は知らされておりませんし、公開もしていません。
 多分、参議院選挙の後かなと思うんですが、総理いわく、「この問題は色々細かい動きがあったけれども、ガタガタ騒がずに」と言っていました。要するに、任してくれ、信頼して期待してくださいということは強く言っていました。
 私たちは信頼し、期待をするしかないんです。私たちも頑張っていきますので、皆さんのご支援を宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3