救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「よど号犯による拉致事件を考える 東京連続集会73」全記録



◆手紙がきて、とにかく生きてくれていてよかった


松木信宏 (松木薫さん弟)
 ずいぶん年数が経ったと、前回のよど号犯関係の集会の時も言ったことを思い出しました。それからまた年数が経ち、有本のお父さん、お母さんと初めてお会いしたのは私が高校生の時です。その時はまだお父さんの髪の毛は黒々としていました。お母さんも黒々としていました。でも話す口調は変わりません。同じような語り口でしゃべっておられたのを思い出します。
 その時、石岡さんの亡くなられたお母さん、それからお兄さんが神戸に来られまして、あの時実物の手紙を見ました。この前ジュネーブに行った時もその話をさせてもらったんですが、本当にそまつな紙です。折りたたんで手のひらに入るくらいの大きさで、そこに、おそらく英語だったと思いますが、「この手紙を出した方にお礼をしてください」と書いてありました。
※この手紙は、平壌市内の店でショッピングをしている時に、石岡さんが訪朝していたポーランド人に秘かに託し、それがポーランドの消印で石岡家に届き、石岡家から有本家に届いたものです(事務局注)。
 率直に言って、北朝鮮の紙は粗末な便所紙みたいなもので、こんなものなのかと思った記憶があります。
 先ほどもお話がありましたが、有本さんと石岡さんはご自身の写真が貼り付けてあったんですが、私の兄の所はかわいらしい赤ちゃんの写真が貼ってありました。「それは松木さんの小さい時の写真ですか」と聞かれ、「いや家にはこんなかわいい顔した人はいないんで、多分違うんじゃないかな」という話をしました。
 当初は、ひょっとしたら私の兄が向こうで結婚して、子どもができた時の写真なのかなとみんな捕えていました。後に、石岡さんと有本さんのお子さんだという話になりました。
 その手紙の中で、うちの兄だけ、住所は書いてあるんですが、なんで熊本県熊本市しか書いてないんだろうと。こまごましたことも、本人だったらもうちょっと書くのになあと。
有本嘉代子 その頃はもう松木さんはいなかったと思います。松木薫さんと書いてありましたね。住所も熊本市までだったから。
西岡 あとの二人の住所は全部書いてあったのです。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3