救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「よど号犯による拉致事件を考える 東京連続集会73」全記録



◆まず憲法を変えないと


有本明弘(有本恵子さん父)
 みなさんこんばんは。遠いところから来られている方もおられると思います。ありがとうございます。
 私はよど号犯のことは警察に任せておけばいいと思っています。話してもしょうがない。言っていることは嘘ばかり。支援者への便りとして月に1回、書いたものを送っていました。その中に、ヨーロッパで仲間を集めていたことは事実と言った時期がありました。しかし、いつのまにか、そんなことはやってないと言っています。こんなのを相手にしてもしょうがない。
 警察は、帰ってきたら全部ひっくるめて裁判をやり直すと思っています。安倍政権は憲法改正、拉致の実行犯を返せと言っています。前の民主党政権は、拉致実行犯の引渡しの文言を外しました。安倍さんはそれを復活させています。
 私は竹下さんの時から憲法改正のお願いをしています。安倍晋太郎さんにもお願いし、今の安倍さんともつきあいがずっと続いています。安倍さんは憲法改正を全面に掲げてまた総理になりました。この政治信条はすばらしいと思います。
 参議院戦に勝ったら、これから5年、10年、安倍さんの腕の見せ所の政治ができます(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3