救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「緊迫する北朝鮮情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



◆日本という国にゆがみ、弱みがある

古森義久(ジャーナリスト、麗澤大学特別教授)
 北朝鮮に拉致されたままの同朋の悲劇、その帰りを待ちわびておられるご家族の方々の苦しみ、これが国際的に今ほど幅広く認知されるようになったのは初めてだと思います。40年間で最も国際的な関心、国際的な論議が高まった時期だと思います。
 特にわが同盟国であるアメリカ、北朝鮮が最も気にかける国であるアメリカでの日本人拉致事件に関する認識も、これまでになく最も高まった。しかも、同情、憤慨という言葉で表現できるような反応が明らかになってきた。
 これは核兵器やミサイルへの反応とは違って、アメリカ側での人間の心とか感情に通じる反響、同情だと言えます。
 しかしその一方、なぜ事件発生から40年も経ってからやっと国際的関心が高まるようになったのか。この点にこそ、この悲劇の特殊な複雑さが現れていると思います。
 特に日本にとって、国家的関心事と言っても結果的な関心事であるこの悲劇を、なぜもっと早く国際的な関心事にできなかったのか。あるいは解決することができなかったのか。こういう点にも、日本という国のゆがみとか弱みというものが、ある部分証明されているように思われるわけです。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3