救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会・救う会・拉致議連 訪米報告-東京連続集会98



◆緊張した状況の中で我々は何をすべきか

西岡力(救う会会長)
 島田さんの先ほどの話は、どちらかというと、アメリカの北朝鮮政策全体について言及されたと思いますが、それは私も全く同じ見方で、これからどんどん緊張が高まっていくということだと思います。
 その中で、今話し合いする時期ではない、と。それはつまり、北朝鮮が被害者を全員返すということを表明したのであれば話し合いはできるし、核・ミサイルをやめると表明したのであれば話し合いができるが、それをしないのに、話し合いのための話し合いは時間を与えてしまうだけで核・ミサイル開発が進んでしまう、被害者抑留期間が長引いてしまうということだと思います。
 しかし、先ほども言いましたが、その緊張するチキン・レースの中で、安全に被害者を取り戻すというのが、我々家族会、救う会、拉致議連の目標です。もちろん国際政治学者としては、北朝鮮の核開発をどうするか、そのための政策をどうするかという議論が当然ありますが、救う会の副会長として、こういう緊張する中でアメリカで議論して、国防総省に入ったり、NSCのポッティンジャーさんと海兵隊の話もしたと聞いています。
 そういう中で日本が具体的にできることは何なのか、アメリカと協力して拉致被害者を取り戻すために何ができるのか。こういう緊張した中で、何ができるのか何を我々はしなくてはならないのか。拉致の観点から訪米を総括してくれませんか。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3