救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会97全報告



◆北朝鮮は二枚腰、三枚腰の嘘つき

西岡(救う会会長、麗澤大学客員教授)
 今年4月に日本のテレビで、「クリントン政権は爆撃の準備をしたが、米軍が5万人くらい、韓国人が50万人くらい死ぬだろうというシミュレーションをしたのでやめた」という解説がありましたが、それは半分正しく、半分嘘です。
 シミュレーションをしてそのような被害が出るという結果が出ましたが、しかし核を持たせたらもっと被害が大きくなるから、爆撃の準備は続いていました。そしたら金日成が出てきて、カーターと会って、核開発を凍結する譲歩をしました。軍事的圧力と39号室資金の枯渇という2つの圧力があって初めて、寧辺の原子炉を止めるという譲歩をした。実際寧辺の原子炉は止まりました。
 しかし、金正日は二枚腰、三枚腰の嘘つきですから、原子炉を止めてでプルトニウム生産は止まったんですが、パキスタンから濃縮ウラニウムを作る技術を導入して、地下で濃縮ウラニウムを作らせました。濃縮ウラニウムは原子炉はいらないんです。遠心分離機を回せばいい。地下で遠心分離機を回し続けて核開発を続けた。
 それだけでなく、寧辺の原子炉は発電所だと嘘をついて、アメリカもそれを呑んだ。寧辺の原子炉は黒鉛減速炉というプルトニウムをつくりやすい原子炉ですが、それは止めて、代わりに軽水炉というプルトニウムをつくりにくい原子力発電所を作ってやるということで、全体の費用が50億ドル。
 韓国が35とか40億ドル出して日本は10億ドル出すことを村山政権がOKして、半分の5億ドルくらい出した。それだけでは北朝鮮はウンと言わないで、軽水炉ができるまで電気が足りなくなるから火力発電所の重油をくれと。それもアメリカが呑んで、アメリカは毎年50万トンの重油をただで北朝鮮に提供し続けた。金正日はそれをもらいながら濃縮ウラニウムの抽出を続けていました。
 次の危機が来たのが2002年です。2001年に同時多発テロが起きました。アメリカはアフガニスタンでまず戦争をしました。アフガニスタンにアル・カイダの基地があった。アル・カイダの基地を攻める時、実はパキスタンから米軍は発進したんです。
 パキスタンが事実上アメリカの同盟国になっていた。パキスタンに米軍が入ってすぐしたことの一つは、パキスタンはインドに対抗するために核開発をしていましたので、パキスタン軍に行って、「お前たち核開発をしているな。それはいいが、まさかアル・カイダに渡してないだろうな」と。
 当時のアメリカにとって、核でテロされるのは悪夢だった。それを徹底的に調べました。そうしたらアル・カイダには行っていなかった。イラクにも行っていなかった。しかし、イランとリビアと北朝鮮に濃縮ウラニウムの技術が行っていたことをアメリカはつかんだ。
 私は惠谷治さんたちと議論して、98年くらいからパキスタンの技術が北に入っているキャンペーンをはっていたんですが、日本ではそれほど話題にならなかった。しかし、アメリカがその決定的な証拠をつかんだ。
 パキスタンの「核開発の父」と言われたのはカーン博士です。アメリカのボルトン国連大使は我々に、「私は直接カーン博士に会った」と。またケリー国務次官補にも我々は面会しましたが、「カーン博士に会った」と。
 カーン博士は13回とか16回北朝鮮に行って、濃縮ウラニウムの技術を教えていた。また、「北朝鮮の核爆弾を見た」と。その人にアメリカが会っている。2001年から02年は、まだただで北朝鮮に重油を送っていた。当時のブッシュ政権は、テロとの戦争で怒りにあふれていたわけです。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3