救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致発覚から20年−我々はどこまで来たのかー東京連続集会93全報告

◆全被害者を取り戻すための実質的協議を早く始めてほしい

西岡力(救う会会長、東京基督教大学教授)
 長谷川さんは大変優秀なジャーナリストで、朝鮮総連関係では、朝銀信用組合の不正融資問題を、これは1993年に書いています。それがもとになって朝鮮総連の中央本部が競売にかけられることになった。その嚆矢となる記事を93年に書かれています。
 また97年には、朝銀愛知で、(朝銀が)勝手に預金を降ろして北朝鮮に送ったと思われる疑惑があると、長銀の不正について大変なスクープをしています。また北朝鮮のミサイルに日本の技術者が関係していたことについて、具体的に取材して、韓国にいる技術関係者で、日本の技術を北朝鮮に持っていくことを担当した元工作員にインタビューして、その人のメモから、実際に北朝鮮に行った技術者を見つけ出して、確認をとって記事を書いたりしています。
 ファクト(事実)をきちんと当たって、朝鮮総連問題、北朝鮮問題の闇をずっと暴いてきた長谷川さんが最後にやろうとしていることを言ってくださいました。最近は慰安婦問題で、私のテーマなんですが、朝日新聞の闇を暴くような本を1冊書かれましたが、ぜひご健筆に期待したいと思います。
 しかしその前に、長谷川さんの闇を暴く記事が先になるか、安倍政権が決着をつけるのが先になるのか。我々としては安倍政権に一日も早く決着をつけてほしい。全被害者を取り戻すための実質的協議を早く始めてほしいと言い続けるしかないと思っています。今日はありがとうございました(拍手)。



pnp
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3