救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「激動する南北情勢の中で拉致問題を考える」全報告



◆日本は拉致で譲歩しないと金正恩に分からせなければならない

西岡力(救う会会長、東京基督教大学教授)
 もう一つは、政府のペーパーでは、「ストックホルム合意に基づき一日も早い被害者の帰国の実現」と書いています。ストックホルム合意は、先ほど中山先生もおっしゃっていましたが、拉致問題と他の人道問題が並列されています。他の人道問題がある中で拉致問題をどう優先させるか。
 ストックホルム合意に基づくと言いながらも、安倍政権が去年から拉致優先と言う立場を貫いているのは、私が見ているところではありますが、では「ストックホルム合意に基づいて他の人道問題を先にやりましょう」という工作を激しく仕掛けてきています。
 横田さんたちはお孫さんとの面会でもう満足している。次の人道問題は横田さんたちが東京でお孫さんと会うことだ。日本人妻の問題や在朝日本人が、日本に帰ってくられるようにすることだ。日本人の遺骨を日本に戻すことだ。拉致問題を優先してそれをやらないのは差別だ。そういうことを言う勢力が今、出てきています。そこに野党の国会議員もついている。日本の国会議員です。
 ストックホルム合意の中で、拉致を優先することに「反対だ」という人たちが出てきています。そちらも抑えなければならない。
 日本は、犯罪である拉致被害者を取り戻すことは絶対譲れない。それが最重要なんだ。そこは日本は譲歩しないと金正恩に分からせなければならない。国内で違うことを言う人がいるということは客観的事実です。そこに北朝鮮が希望を痛いていることも事実です。
 日日戦争というか、国内での戦いを勝ち抜いて、不愉快な思いを北に思わせることには一定程度成功していますから、日本から何かを得たり、日本の制裁を緩めるためには、最優先である拉致問題を動かすより道はないということを金正恩に伝えることが必要ではないかと思っています(拍手)。
(6につづく)
島田 ありがとうございました。日本が国連安保理の制裁以上に課している制裁、上乗せの制裁をしている。この上乗せしている制裁部分は、拉致問題の解決に北朝鮮が乗り出せば、日本側が解除することが可能だ。
 そこはカードの一つになると思いますが、そのカードが有効であるためには、国際社会がきちんと北朝鮮に対する制裁を維持し、強化しているという前提がなければ、要するに中国や韓国が北朝鮮に支援物資を出すようになると、日本の制裁の効きめが小さくなってしまう。
 その点を金泌材さんに聞きたいのですが、朴槿惠大統領は慰安婦問題などでは日本にとってうっとうしかったのですが、ただ南北で共同事業をした開城工業団地、これを通じて北にお金も行きましたが、これを止めましたね。これは朴槿惠さんの大きな功績だったと思います。我々が心配するのは、朴槿惠さんが倒されて、その後開城公団を再開するとか、様々な援助をする政権ができると、大変困ることになります。展望はどうでしょうか。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3