救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮最新情勢と救出への展望−東京連続集会90全報告



◆「拉致・核・ミサイルの包括的解決」では帰ってこない

増元 私も西岡さんと同じように、100億ドルはまず出せないと思います。今の世界情勢の中で北朝鮮に100億ドル出すようなことはアメリカが許さないでしょう。日本はアメリカに弱いですからね。安倍さんもアメリカの言うことを無視はできないでしょうから。
 私自身も、100億ドル出してあの政権を助けることは、絶対にあってはならないと思っています。
 核問題が解決しないと拉致問題も解決しないという面もありますが、核問題は何年かかるか分かりません。西岡さんもおっしゃったように、北朝鮮の政権が核を持つことを前提に成立している以上、あの政権を倒さない限り核問題は終わりません。
 日本政府は、「拉致・核・ミサイルの包括的解決」と言っていますが、この言葉は変えなければならないのではないでしょうか。まず先に拉致を解決するんだと。「拉致・核・ミサイルの包括的解決」というのは何年かかってもいいような感じじゃないですか。核・ミサイル問題が解決しないから拉致問題も解決しないということになってしまうので、まず拉致を解決させる。そのことを意思表示すべき時だと思います。
 一時は施政方針演説でも「核・ミサイル・拉致」でしたが、今は「拉致・核・ミサイル」です。でも、包括的解決ということを多分外務省の文書かなんかを読みながらやっているんでしょうが、のうそういう状況にはないということを分かっていただきたい。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3