救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

制裁と国際連携で全員救出実現を!−国民大集会報告



◆拉致被害者救出の日朝協議は、警察と拉致対が中心となるべき

松原仁(民進党拉致問題対策本部長代行、元拉致問題担当大臣、拉致議連幹事長、衆議院議員) いままでの延長線上の議論の中で、私は新たな展開がどうあるのか、なかなか描ききれないと思っています。日本側は今まで当然のようにして、外務省を中心にして拉致問題の解決について議論してきました。
 私は前から申し上げているように、中心で行うのは外務省ではない。それは日本の警察であり、そして(政府の)拉致対策本部がど真ん中にいて交渉主体になる。外務省は例えば日本とアメリカとの自動車摩擦の時に、外務省はいるけれども、その中心は経済産業省がやるように、拉致の問題は人質を救出する問題、相手から人質を助け出す行動のためには、外務省ではなく、知見を持っている警察が中心となり、拉致対策本部がいるのは当然であると思っています(拍手)。
 そういった、従来の延長線上ではない行動をすることによって北朝鮮は、我々日本が本気であることを認識するのではないかと思っています。
 もちろん今日、安倍総理がこの場に来るということは、日本がこの問題の解決に真剣である、命がけであることを一方において明らかにするけれども、それ以上に思い切ったそういうことをやっていかなければいけない。
 少なくとも、ストックホルム合意以来の2年間の交渉が成功していなかったことを、我々はどのように総括をし、その上に立って、何をもって北朝鮮と交渉するかということを、今こそ私は、総理の熱い思いの中で見出していきたいと思っています。
 私は野党の国会議員であります。そして今日多くの皆様がこうやってこの場に集まっておられる。一番大きな圧力は、日本人の怒りであり、そして多くの方々の署名であり、そして日本人の多くが拉致問題に怒り大きな集会に集まる。こういったものが北朝鮮にとっての最大の脅威です。
 そのために皆様方が恒常的に活動してきている。そのことに敬意を表しながら、私も私の持ち場の中で精一杯頑張っていきたいと思います。そこされた時間は極めて短いと思っていますが、共に頑張りましょう(拍手)。
西岡 ありがとうございました。続きまして、与党公明党の拉致問題対策委員長の上田勇先生にお願いします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3