救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

ストックホルム合意から1年半‐被害者救出のために今必要なこと 東京連続集会88 全報告



◆その場その場で判断を間違わずに動くため救う会はありがたい存在だった


中山恭子 皆様こんばんは。この救う会の集会に、このように多くの皆様がお集まりいただいたことにまず感謝します。また救う会の皆様が、本当にずっと、私が2002年にこの拉致問題に関わったことと比べますと、まだまだ新米に近いわけです。救う会の方々はそれ以前からこの拉致問題に関わって、全く力を抜くことなく今日まで活動してくださっていることにまず心から敬意を表しますし、ありがたいことだと思っています。
 私が西岡さんと最初に出会いましたのが2002年9月26日の夜でした。27日の朝の朝食会で、ホテルにお伺いしてご家族の皆様とお会いしました。その前日の夜、別の会合の後で、たまたまなんですが、西岡先生とお会いすることができ、家族の方々のお話を教えていただきました。
 その後2002年の10月15日には、被害者5人が戻ってきました。この対応に当たりました時にも、実は内閣官房参与として対応することとなりました。5人が日本に戻ってくることにつきましても、西岡さんは官邸の職員ではありませんでしたが、内閣官房の中に机を入れて入っていただくことを頼みました。西岡さんは私たちの職場で一緒に活動してくださいました。
 やはり、官僚グループだけで行動する場合、言われたことを素直に一生懸命やるんですが、やはりそうではない形で対応しなければいけない問題が、この拉致の問題だったと思っています。
 と言いますのは、官僚グループが非常に優れているのは、これまでこういうことをやってきたということに関しては、前例を中心にして非常にしっかり動きますが、北朝鮮による拉致問題というのは、前例で動いていくような問題ではありませんでしたので、その場その場で判断を間違わずに動いていかなければならない。救う会の皆様には、その時以来ずっとご協力をいただき、また間違いない方向を取るに当たって、大変ありがたい存在でした。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3