救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会・救う会代表外務大臣に面会--何一つ拉致救出に具体的答弁なし(2000/10/04)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 文京区目白台3-25-13 
担当:荒木和博(全国協議会事務局長 k-araki@mac.email.ne.jp)
----------------------------------------------------------------------
▼来年の正月は拉致された人々が実家で家族とすごせるように、年内解決を!
----------------------------------------------------------------------
このニュースは拉致問題に関する情報をお送りするものです。
恐縮ですが送信を希望されない方は荒木のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■家族会・救う会代表外務大臣に面会--何一つ拉致救出に具体的答弁なし

 本日(10月4日)横田滋・早紀江家族会代表夫妻、蓮池透同事務局長、蓮池ハツイ
さん、有本明弘・嘉代子夫妻、増元照明さん、佐藤勝巳救う会全国協議会会長、荒木
和博同事務局長が河野洋平外務大臣に面会しました。これはすでに提出していた質問
への答えを求めるもので、質問の要点は?今回の援助は人道援助なのか、政策援助な
のか、?金正日が拉致問題を非難するような発言をしたり、「労働新聞」で拉致をでっ
ちあげであるなどとする論評が載っているがこれをどう考えるのか、?「所信表明削
除事件」の真相はどうなのかなどでした。
 外相は?について、この援助は人道援助であるが、南北和解などの状況から総合的
判断をした、?これまで所信表明では「拉致」という言葉はつかっていなかった(南
北の緊張緩和が進んでいる)この時期だから削除するようにと言った。しかし、あく
まで意見を言っただけであり、決定したのは総理だ、などの答弁をしていました。?
については答えませんでした。
 詳しいやりとりはまとまり次第このニュースで流しますが、増元さんが「大臣は国
際情勢の話ばかりしていて、拉致された人を救うことについては言及していない」と
語ったように、その発言は無責任極まりないものでした。「人道援助」にこだわった
のは、「人道」なら見返りを要求しないのだから、50万トン出して(これにかかる費
用は表に出る費用以外もすべて合わせると500億円をゆうに超えると言われています)
相手が何も譲歩しなくても責任をとる必要はないということです。ご家族からはこの
他にも数々の意見がだされましたが、外相は何一つまともに回答しませんでした。
 この後一行は自民党本部に行き、1時からの外交部会で発言させるよう求めました
が、拒否されました。外交部会では平沢勝栄代議士が反対をした他は若干の疑問が呈
されただけで、執行部側が動員したと思われる議員が賛成発言をし、了承されてしまっ
たとのこと。自民党もここまで墜ちたかとの感を強くします。

■6日(金)に座り込み---全国からのご協力を

 食糧支援は明後日6日(金)の自民党総務会で正式に了承されます。これに抗議し
て6日8時から座り込みを行います。総務会は国会内で開かれる予定のため近づくこと
はできませんが、座り込みは午前中自民党本部前で行い、昼から歩いて(デモは届け
を出していませんので三々五々、牛歩戦術でアピールしながら)外務省に行き、外務
省前で6時まで座り込みを行い抗議の意志を明らかにする予定です。平日の昼ですの
で、お仕事等あるかと存じますが、何卒多数のご協力をお願い申し上げます。
 なお、当日は混乱を避けるため、現場での指揮を全国協議会荒木和博事務局長が行
います(TEL 090-8517-9601)。ご協力をよろしくお願い申し上げます。

<本日発表されたアピールです。横田家族会代表から河野外相にも手渡されました>

               アピール

 政府は北朝鮮への追加コメ支援50万トンを今週中に決めるべく手続きに入った。こ
れは、北朝鮮に拉致された日本人を事実上、見殺しにするにも等しい行為で絶対に許
すことはできない。
 今年3月、10万トンのコメ支援を強行した際、河野外務大臣は拉致被害者家族と支
援者に「最大限の誠意を示し北朝鮮の誠意ある対応を待つ」とその理由を説明した。
しかし、その後北朝鮮は4月と8月にもたれた日朝国交交渉でも「拉致はでっち上げ」
という従来からの開き直りを続けるばかりで、被害者帰国はおろか安否確認さえ一切
できないままだ。
 その上今回の支援は、WFPが人道支援として全世界に要請した19万5千トンをはるか
に上回る50万トンという大きな量だ。韓国政府はWFPに10万トン、直接支援50万トン
を決めたばかりだ。この量ですでにWFPが求めた人道援助必要量を超えている。政府
が繰り返し述べてきた人道援助であるならWFPの要請量を超えて出すということはあ
りえないはずだ。WFPの要請に含まれていない来年の必要分をも含むなどという説明
がなされているが、それは来年になりまたWFPが要請したあとに検討されるべきもの
だ。
 すでにいくつかの新聞などがはっきりと報道しているように、昨年12月北朝鮮を訪
れた村山訪朝団の主要メンバーは、今年中に50万トン以上を送るという裏約束をして
いるのだ。だから北朝鮮は3月の10万トン支援後、残りを早く送れ、と執拗に要求し
てきていた。このこともすでに広く報じられているとおりだ。
 北朝鮮金正日政権から今回の支援を見れば、日本は国交交渉をうち切るぞと脅せば、
年間数十万トンのコメをタダで持ってくる国ということになる。もう一押しすれば、
拉致を棚上げにしたまま国交を結び大規模な経済支援もとれると考えているはずだ。
北朝鮮金正日政権がそう考えている間は、絶対に拉致問題は進展しない。それどころ
か、証拠隠滅のため被害者の身辺に否定的なことが起きかねない危険な状況だ。
 金正日総書記はミサイル発射には1発2?3億ドルかかると公言している。つまり国
際支援を受けなくてもミサイル開発を中止すればその資金で十分食糧を輸入できるの
だ。中国ではトウモロコシ1トン約110ドル、コメ1トン300ドルだから、3億ドルあれ
ば270万トンのトウモロコシ、100万トンのコメが買える。そもそも100万以上の巨大
な軍隊を維持し、ミサイル開発を着々と進めている国になぜ人道援助が必要なのか、
まったく理解できない。
 わたしたち拉致被害者家族と全国の支援者は拉致棚上げにつながる今回のコメ支援
に断固として反対し、その白紙撤回を政府と与党に求めるものだ。自国民をさらわれ
ていながらその犯人の国家に低姿勢でコメを送り続ける今の政府与党は、日本人の魂
を失った恥知らずの政治屋集団だといわれても弁解できないのではないか。特に自民
党国会議員各位には、外交部会、総務会など関係会議に拉致被害者家族を呼んでその
怒りと悲しみの声をしっかり聞いていただきたい。その上で、誇りある決定を下すこ
とを強く求めてやまない。
   平成12年10月4日

           「北朝鮮による拉致」被害者家族連絡会 代表 横田 滋
      北朝鮮に拉致された日本人を救出する地方議員の会 会長 土屋敬之
    北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 会長 佐藤勝巳




  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■