救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮最新情勢と救出戦略-東京連続集会92報告3(2016/08/03)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.08.03)

■北朝鮮最新情勢と救出戦略

◆驚くべきことが起きている北朝鮮

西岡 今説明してくれたこと、特に北朝鮮の社会の変化ですが、私も最近色々な
話を聞いているんですが、驚くべきことが起きているんです。中国が石油の輸出
を減らしているのは間違いないようですが、しかしロシアから買っているようで
す。

 ロシアは外貨を持ってこなければ売らないんですが、北朝鮮政府は最低限のも
のを買うために、ロシアに出している出稼ぎ労働者から奪った外貨でそれを払っ
ています。しかし、金がそんなにないのでたくさんは買えない。

 ロシアから買う時はタンクローリー貨車を使って石油を買ってくるんですが、
満タンにならない。するとトンジュがお金を払って、その分自分が買うからガソ
リンを入れてきてくれと、個人でガソリン輸入をしているのです。そしてガソリ
ンスタンドを経営し、全国にガソリンスタンドを持っています。

 金正恩になってよかったことがいくつかある。北の住民たちが言っていること
の一つは、国内旅行が事実上自由化になった。旅行許可証がなくても、列車さえ
乗らなければ、公民証さえ持っていれば、摘発されないんです。

 多分、列車の切符を買うためには、今まで通り旅行許可証がいるのだと思いま
すが、全国にバス網ができていて、バスに乗ればどこでも行ける。そのバスを運
営しているのもトンジュです。お金を持っている人がやっている。それがガソリ
ンも運用している。

 アパートを作るために鉄筋が必要だと言いましたが、アパートを作って分譲す
るんです。分譲すると投資した以上に儲かる。だからトンジュが投資するんです。
儲かった一部を保衛部などに賄賂で渡していますから大丈夫なんです。

 そしてトンジュたちは、生活総和に出ます。最低限のことはやっているんです。
本当は別のことを考えているわけですが、生活総和に出ないとあの社会では生き
ていけないから出る。お金さえあれば何でもできます。

 ですから日本のテレビで平壌の風景を見ると、物があふれている。だから制裁
は効いていないんじゃないかという議論がありますが、それは一方で金こそすべ
ての原始資本主義が蔓延しているということなんです。

 しかし問題は、今金聖●さんも言いましたが、金正恩が独裁システムを維持す
るために最低必要な外貨があるかどうかです(●=王へんに文)。彼はアパート
の分譲はしていないわけです。保衛部や人民保安省を維持する、映像で見たよう
な格闘技の人間たちの訓練をするためには一定の外貨が必要です。核・ミサイル
開発にも必要だし、彼のぜいたくな暮らしのためにも必要なんです。

 彼は今でもワインとチーズを好んでいるようですが、ぜいたく品の輸入は禁止
されていますので、北朝鮮の名義ではなく、色々なルートで買っているんです。
しかしそれは現金払いです。

◆崩壊に向けて追い込み、崩壊前に救出する

 そういうものを遮断することを目的に制裁をしている。彼らが秘密資金として
もっていた外貨の秘密口座が使えなくなるようにアメリカがしている。もちろん
対策を立てていますから、色々な外国人の名前で隠し口座がたくさんあるようで
すが、それも追いかけているという状況になってきた。

 今年4月に、北朝鮮自由週間がソウルであって、そこでも話をしました。この
北朝鮮自由週間は数年前から、拉致を含む人権問題で国際社会が制裁をかけるよ
うに運動をしようと始まりました。核・ミサイルでは制裁をかけているが、人権
問題で制裁をかけているのは日本だけだと言ったんですが、ついにアメリカが人
権問題で制裁をかけました。拉致を含む人権問題で、アメリカが金正恩氏を名指
しで制裁した。

 その背景はCOI(北朝鮮における人権に関する国連調査委員会)の報告書です。
国連機関が人権問題で金正恩を刑事告発しろという報告書を出した。我々も何回
かアメリカに行き、ジュネーブにも飯塚さんたちに何回も行っていただきました。
そして日本政府がかなり積極的に国連外交をした結果だと思います。

 韓国も、少し前までは開城公団で外貨稼ぎをさせていたんです。今それを止め
て、逆に体制の根幹に関わる情報を入れることに注力している。7月初めに、ウ
ランバートルで開かれたアジア・ヨーロッパ首脳会議で、朴槿惠大統領が演説し
て、「韓国による自由統一が北朝鮮問題解決の方法だ」とはっきり言いました。

 今北朝鮮では、朴槿惠攻撃を激しくやっています。「メスの毒蛇」とか、「子
どももいない老婆」とか、そういう表現を使って朴槿惠大統領のことを批判して
います。また、青瓦台(韓国大統領官邸)が焼ける映像を作って、ミサイル攻撃
をするとこれだけ焼けるんだという映像を流しています。

 そして実は、「脱北者を殺せ」という命令が出ていて、韓国の有力な月刊誌に
よると、金聖●さんを含む8人の脱北者を殺すか拉致しろという命令が出ている
そうです。彼の警備も厳しくなっています。今日日本に来てくれたのも、結構緊
張する中でしたが、今言ったような北朝鮮の変化を伝えたいということで、一定
の緊張の中で来てくれました。

 金聖●さんは、「政権が崩壊しなければ解決しないだろう」と言いましたが、
もちろん政権が崩壊した後に大混乱が起きた時に、殺されてしまうこともあり得
るので、我々の目標は、政権が崩壊する直前に、彼が本当に苦しくなった時に取
引が成立するとすれば、そのタイミングしかないということです。

 そのタイミングが来るかもしれない方向に今世界が動いている。北朝鮮の内部
も動いている。そして、お金こそすべてということになっていますから、具体的
な情報がどんどん漏れてくる。もちろん、嘘の情報もいっぱいありますが、最高
幹部たちに忠誠心がないですから、お金を持っていなければならない。

◆ドルを送ってもらったらこんないい生活はない

 今党の幹部は、地方の幹部も含めて、こう言っているそうです。

 金正恩政権は長くない。そうしたら、中国式の改革開放になるか、ソ連が崩壊
した時のようになるかになる。そうしたら労働党の幹部も何も特権がなくなって
乞食になる。しかし、ソ連が崩壊した後も乞食にならなかった人たちがいる。そ
れは崩壊した直後に油田を買った人間等で、大金持ちになっている。我々もドル
を持っていなければならない。政権が崩壊したり、改革開放になった瞬間に、茂
山の鉄鉱山を買う。レアメタルの鉱山を買う。そしたら大金持になる。まずはド
ルだ。

 みんなそう言っているそうです。さっき聞いたんですが、市場で豆腐1丁買う
のにも、北朝鮮のお金は通じません。しかし、ネギだけは北朝鮮の金で買えるそ
うです。ネギを扱う商売人が、我々はコネが、バックがないからネギだけはウォ
ンで売ると言っているそうです。

 (ウォンの札束が)あまりにも厚くなってしまって、みんな受け取らないそう
です。人民元かドル。最近、脱北者が、先に脱北して家族を呼び寄せるためにお
金を送ったけど、来たがらないそうです。

 「韓国からドルを送ってもらったらこんないい生活はない、北朝鮮社会でやり
たいことができる、ドルを送ってくれた方がいい、無理して危険な韓国に行きた
くない」と。もちろん苦しい暮らしをしている人もいるんですが、そういうこと
も起きていて、社会全体が変質しつつある。

 ある人は、「プールの表面に油が浮いている。その油が北朝鮮における社会主
義だ。下は全部、もう資本主義になっている」と。そして社会主義をやっている
と言って金正恩に忠誠心を示すが、忠誠心は強要されたもので、参加しないと殺
される。監視システムと宣伝システムが稼働しているので、それに応じているふ
りをしている。しかし、それに合流していても配給はこないから、自分で飯を食
べなければならない。

 その中で外貨を持っている人間が楽をする。外貨を持ち、頭が良くて、保安機
関にコネがある人間がトンジュになる。

 この2年間でも事が大きく進んで、金正恩は、「お金こそすべて」という勢力
に挑戦できない。金正日は2回挑戦しました。先ほど金聖●さんが言った、20
02年7月の新経済措置です。闇の値段と国営企業の配給の値段が100倍くら
い違ったから、給料を100倍にしたんです。そしたら物の値段がまた100倍
に値上がりした。

 その後、デノミをやりました。こんどは通貨の価値を100分の1にした。通
常の国営市場の物価と農村市場の物価の差が100倍あるから、それを直そうと
したんですが、そしたらインフレになった。農村市場をつぶそうとしたら政権は
倒れる。そうしたら思想統制ができないから、金正日は2回挑戦したが負けた。

 金正恩は5年経って一度もやっていない。逆にアパート建設などでも、新興勢
力であるトンジュの力を借りている。私が最近聞いたのは、新義州でもアパート
建設をやっている。トンジュと中国の資本が入ってきている。保衛部が取り締ま
らないのは、保衛部の庁舎も新しくなったからです。建ててもらったのです。

 そういうことだけ見ていると制裁は効いていないように見えますが、社会全体
が変質してきている。唯一指導体制と叫びながらも、「金こそすべて」になって
いる。

◆日本に対する未練が残っている

 そういう中で、未だに日本に対する批判がない。さっき「日本帝国主義がけし
からん」というのを紹介しましたが、過去の日本についての批判はあるんです。
「過去を反省して謝れ」。これはある面で、「金払え」と聞こえる。

 もう一つ。今安倍政権がやっている、今年2月以降厳しい制裁をかけているこ
とについては言わない。朴槿惠大統領には老婆だとか毒蛇だとか言っていますが、
安倍さんに名指しの批判はしないんです。

 人権外交も安倍さんがやったわけです。アメリカは国連の人権理事会を重視し
ていませんから、またイスラエルの問題で多数決を取ると非難されますので、重
視しないんです。

 韓国政府もその時は中立だった。まずNGOがやって、その後日本政府が積極的
に人権外交をして、拉致を含む人権問題が大きく取り上げられた。ついにアメリ
カ政府も人権を理由に制裁をかけた。それなのに安倍批判をしない。

 山谷大臣はものすごく批判されました。去年の5月に、日本政府主催で、ニュー
ヨークで国連の前のホテルで人権宣言をやったのですが、その時、「有象無象」
とか「人間のくず」と批判しました。今年加藤大臣は、国連本部の中で人権集会
をしたんですが、批判されなかった。

 繰り返し言っていますが、去年の4月2日には、北朝鮮は、「このままいった
ら政府間対話ができなくなっている」と言ったんです。その理由は、朝鮮総連の
許宗萬議長と副議長の自宅を家宅捜索したことと、国連に拉致問題を持ち込んだ
ことです。

 それなのに、今年になって国連本部で拉致のセミナーをやり、朝鮮総連に対し
て今厳しい制裁をかけているのに、北朝鮮が言ったのは、「特別調査委員会を解
体した」という一言だけです。本来なら、「政府間対話ができなくなった」と言
わなければならない。去年もそう言っていたんだから。

 「特別調査委員会を解体した」と言った後、言い訳がましく、宋日昊(ソン・
イルホ)が北京まで出てきて、日本の記者に「委員会は解体した。しかし、調査
は終わっている」と言った。調査が終わっているのなら特別調査委員会は解体し
たっていいわけです。調査のための委員会なんだから。

 そもそも調査は必要ないわけです。一人ひとりがすべて組織に入っていて、生
活総和をしているんですから。一般の住民も全員それをしている。加えて、拉致
被害者には指導員という人がついている。監視しているんですから、どこにいる
かなんて分かっているんです。調査する必要はないんですが、調査をした結果を
出せるように、茶番劇ではありますがその茶番劇を彼らが自分で終わらせるよう
になっていると、わざわざ言いにきた。日本に対する未練が残っているんです。

 そういう中で、何が起きるか分からないような状況になっています。アメリカ
は完全に(北朝鮮の)レジーム・チェンジの方向に政策を転換しています。中国
も崩壊した後どうするかを考えている。まだ最終決戦は続いていると思っていま
す。日本は拉致問題について、怒りは全然落ちていませんが、本当に拉致を議題
にする話を本当にするなら応じる、と。世界は核が中心かもしれないけど、日本
中が拉致で怒っている。核と拉致両方だ。拉致が先でいい。

 しかし、拉致以外のことを先に動かそうとしてもだめですよ、と。拉致が先で
いいということと、拉致以外のことを先に動かそうとしてもだめという2つのメッ
セージを送り続けなければならない。

 それをすれば、本当に自分の政権がつぶれるかもしれないという所まで追い込
まれ、お金がなく、国際的孤立というタイミングであれば、日本がより魅力的に
見える。

(4につづく)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2022/11/18
国連総会(第3委員会)が拉致に関する決議を採択
2022/11/15
12月9日(金)に拉致問題国際セミナー
2022/10/31
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告4
2022/10/28
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告3
2022/10/26
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告2

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■