救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

1月10日「特定失踪者問題調査会」設立、可能性のある事案を専門に担当(2002/12/30)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2002.12.30)

■1月10日「特定失踪者問題調査会」設立、可能性のある事案を専門に担当

 救う会全国協議会は本日(12月30日)三役会議を開催し、今後の方針について次の
ように決定しました。
---------------------------------------------------------------------
1、北朝鮮による拉致の可能性のある人々(以下「特定失踪者」と称する)の問題に
ついて、救う会から切り離し、新たに設立される「特定失踪者問題調査会」(仮称)
に調査活動を委託する。この組織の代表には荒木現事務局長が事務局長職を退任して
就任する。

2、救う会全国協議会はこれにともない事務局体制の見直しと強化を行うが、当面西
岡副会長が事務局長を代行し、次の幹事会で専任の事務局担当幹事を置く。

3、運動体である救う会と調査機関である「特定失踪者問題調査会」は連携を取り、
すべての拉致被害者救出のために活動を進める。

4、荒木の事務局長退任、西岡の事務局長代行就任、「特定失踪者問題調査会」設立
は平成15年1月10日をもって行い、10日午前11時から記者会見を開いて報告する。こ
の記者会見の場で延期されていた特定失踪者名簿(家族が公開を承諾したもの)の第
1次発表も行う。

5、全国協議会の幹事会は1月25日午後1時半から開催し、2003年の運動方針及びそれ
を支える事務局体制についての議論を行う。
---------------------------------------------------------------------

 以上が26日のリスト発表をめぐり、最大のネックであった特定失踪者問題を現在の
救う会の体制で対応しきれるのかという問題についての結論です。この問題は、拉致
の全体像を見る上でも極めて重要であり、また失踪者のご家族自身にとっても切実で
す。ただ、全体像を見ることが必要なため、来た情報はすべていったん受け入れる必
要があり、救う会の活動にそぐわない部分も出てきます。ここを整理するため、別途
に調査機関を設置して対応することになりました。
 事務局業務の引き継ぎなどのため、しばらくご迷惑をおかけすることになるかも知
れませんが、今回の対応は特定失踪者問題が極めて重要な問題であるということに鑑
みたものです、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
救う会全国協議会ニュース
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
(ホームページ・但し現在更新されていませんので各救う会のサイト
への入口としてご利用下さい)
http://www.eshirase.net/bn/narkn-news.htm
(このメールニュースのバックナンバーのホームページ)
〒112-0015 東京都文京区目白台3-25-13 
担当:荒木和博(事務局長 k-araki@mac.email.ne.jp)
----------------------------------------------------------------------
恐縮ですが送信を希望されない方は荒木のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
-->
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■

■過去のメールニュース■

  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■