救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

制裁予告1年に当たり家族会・救う会声明(2005/12/24)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2005.12.24-3)

 家族会・救う会では、政府が制裁を予告して1年目に当たる今日、会見し、声
明を発表した。以下はその全文である。

■制裁予告1年に当たり家族会・救う会声明

 政府は昨年12月24日、「迅速かつ誠意ある対応がなければ、厳しい対応を
とらざるをえない」と制裁を予告したが、それから本日でちょうど1年が経つ。
しかし、小泉首相は未だに制裁発動を決断していない。

 北朝鮮は「拉致問題は解決済み、めぐみさんの遺骨鑑定は日本のでっち上げ」
と開き直りつづけている。本日から日朝協議が行われているが、北朝鮮が協議に
応じたことだけでは「誠意ある対応」とはいえない。彼らのこれまでのやり方か
らしてむしろ時間稼ぎを企んでいる可能性が大きい。

 制裁発動は、拉致被害者全員を取り戻すという国家意思を示すことである。そ
れを躊躇していると、拉致問題を重視していないという大変危険なメッセージが
発せられる。国家意思を示すこと抜きに、被害者を救出できるのか。

 私たちはこの1年間、「経済制裁発動ですべての拉致被害者救出を!」という
スローガンを掲げて、集会、デモ、座り込み、街頭アピールなどを続けてきた。
12月にも大阪と東京で多数の国民の参加を得た国民大集会を開催した。

 その中でご高齢の家族が、何回「もう我慢の限界だ」と話してきたか。ついに
家族会横田滋代表は過労のため入院した。 

 日本政府に強く求める。今回の日朝協議で実質的進展がなければ、制裁法によ
る送金・貿易停止、船舶入港禁止を行っていただきたい。北朝鮮最高人民会議
(国会)代議員を勤める総連幹部6人への再入国許可を取り消し、北朝鮮・総連
への不公正な優遇措置の適正化を行っていただきたい。拉致被害者追加認定を継
続して実行して欲しい。

 金正日に要求する。いますぐ、日本人拉致被害者を全員返せ。韓国人拉致被害
者、その他の外国人拉致被害者もすべて返せ。核武装と戦争準備を止めて、北朝
鮮民衆の生活向上に力を尽くせ。

平成17年12月24日

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表 横田 滋
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長 佐藤勝巳




 ※小泉首相宛、はがき・メールを!(〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内
閣総理大臣 小泉純一郎殿、首相官邸のホームページ=
http://www.kantei.go.jp/の右下の「ご意見募集」欄を利用)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

救う会全国協議会ニュース
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
-->
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■

■過去のメールニュース■

  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■