■ 田中実さんについて


1.田中実さんに関する基礎資料

2.救出活動の経緯

3.問題点

■田中 実さんについて

救う会・兵庫 長瀬 猛

前のページ 2 

3.問題点

  • 中さんの出国に関する疑問
    韓竜大の告発について、警察は「出国記録ならびにパスポート申請記録を探しているが、当時はすべて紙媒体であり、保管されていない可能性が高い」として、物証が無いと言わんばかりであるが、それならば平成8年12月の兵庫県議会警察常任委員会における警備部長答弁では何故「昭和53年6月6日」出国と認めたのか?

  • 韓国の司法当局への告白について
    韓竜大・曹廷楽の両名に共通する供述の中に、「韓国へ行って当局に洗いざらい話した」というくだりが存在する。更に、曹の話によれば韓国での供述に基づき、日本の警察も聴取にやって来て、それに応じたとある。
    これが真実ならば、日韓の超法規的捜査協力が存在することが疑われる。
    また、日本の警察にも・・・という事になれば、一種の司法取引が超法規的に為されたということにならないか?

  • 告発の取り扱いについて
    韓の告発から2年5ヶ月、曹の告発から1年7ヶ月が経過しているが、もし、事実誤認があって犯罪が成立していないのならば、一刻も早くそれを表明して両名の名誉が不用に毀損され続けている状態を、終わらさなければならない。
    或いは、犯罪の事実はあるが起訴が難しい場合、これは捜査を怠る(たな晒しにする)理由にはならず。捜査はしなくてはならない。
    道義的責任があっても、法律が無いが故に犯罪が成立しないのであれば、国家治安の根幹に関る重大事であるから、ただちに立法処置が望まれる。
    時効が成立するか否かが判断し難いならば、内閣法制局に見解を出させる必要がある。
    これらの何れの結果も出さず、事実上のたな晒しを続けている現状は許されない。

前のページ  2  |


サイトマップ

Copyright (C)2005 救う会全国協議会