救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最新の北朝鮮情勢と拉致問題-東京連続集会110



◆米外交は北朝鮮に騙され続けてきた

島田洋一(救う会副会長)
 ボルトンの回顧録が6月23日に発売されて、私はすぐ電子版をキンドルでダウンロードして、今スマホにボルトンの本が入っています。翻訳版が9月18日に出るそうです。これは朝日新聞出版で、本来朝日がボルトンの本を出すなんてありえないのですが、トランプ批判の個所が色々あるということで朝日が出すようです。
 最初のシンガポールでの米朝首脳会談の前に中国の楊潔?(ようけっち)、この人が中国外交を指揮するトップですが、この人と、シンガポール会談の場で金正恩がまるで示し合わせたように同じようなことを言っている、と。
 どういうことかと言うと、北朝鮮なんかに軍のハードライナー(強硬派)がいて絶対にアメリカに譲ってはいけないと考えている、と。金正恩委員長はなんとかその強硬派を押さえて、合理的な合意をアメリカと結びたいと思っている、と。
 でもアメリカに3人の韓国系米人がいて、それに対して、これは楊潔?が強調したと言うんですが、「3人のアメリカ人犯罪者を北朝鮮が恩恵として解放した。それに対してアメリカが何の見返りも与えなかったので、金正恩委員長は強硬派の手前、非常に難しい立場になっている。だからアメリカが譲るべきだ」と。
 金正恩もシンガポール会談で、「強硬派が内部にいて彼らを納得させなければならない。だから取りあえず米韓軍事演習を止めてもらえないか。そうでなければ強硬派を押さえきれない。世論の力が北朝鮮でも大きい」と言ったと書いてあります。
西岡 北朝鮮に世論がある、と(笑)


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■