救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「膠着状況が続 く朝鮮半島情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



◆米国市民も北朝鮮に拉致され、不法に拘束されている

エイドリアン・スミス(米国下院議員、共和党)
 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会及び北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するため行動する議員連盟共催の国際セミナーにご参加の皆様
 米日議員連盟の共同議長として、この悲劇的な状況について話し合うためにお集りいただいた皆様との連帯を表明したいと思います。本日は残念ながら直接参加することはできませんが、北朝鮮政府が犯してきたこの許されざる罪に対する注意を集めることが重要だという点については私も意見を同じくするところです。私たちは今日、被害者の皆さんの苦しみと、愛する人を取り戻そうと尽力されているご家族やご友人の方々の苦痛を、ともに忘れてはなりません。
 北朝鮮政府と向き合う外交努力が続けられるなかで、北朝鮮がこの問題を解決することの重要性を理解し、残る拉致被害者の帰国により、速やかな解決に向けた措置を講じることを望みます。
 これは日米共通の懸念です。ネブラスカ州出身のブリガムヤング大学の学生で、15年前に中国で行方不明になったデービッド・スネドン氏のように、米国市民も北朝鮮に拉致され、不法に拘束されています。米国政府は北朝鮮による拉致、そして同国が長年にわたり行ってきた様々な人権侵害をたびたび取り上げてきました。拉致問題の解決に向け、これからも皆様と緊密に協力していく所存です。
 この重大な問題に対する皆様のご尽力に感謝申し上げます。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■