救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「膠着状況が続 く朝鮮半島情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



◆階層社会のタイでは下層の人の拉致は社会的関心を呼ばない

海老原智治(北朝鮮に拉致された人々を救援する会チェンマイ代表)
 タイのチェンマイに23年間住んでいて、拉致問題の解決に14年間当たっています。タイは北朝鮮と国交を有する国の一つである一方、この間拉致問題を解決することができずにいます。
 タイの国情がみだれており、この14年間の間に2回のクーデターがあり、民政移管またクーデターという大きな矛盾の中で、拉致問題が非常に周辺的なものとなってきました。
 また家族の社会的背景が苦しい農家で、その出身者が拉致されたのですが、下の階層の人々の不幸な拉致は階層社会のタイにおいてはあまり社会的関心を呼ばないのです。大きな社会構造の中である意味、切り捨てられてきてしまっているのです。その中で家族は戦いを続けてきました。
 そういう中でどう解決するかは私の大きな役割と思っています。準備はまだできていませんが、一刻も早く家族の思いが実現するよう私も頑張りたいと思います。ありがとうございました(拍手)。
櫻井 では次に、いつも拉致問題に熱心に取組んでくださっている各党代表の方々にご挨拶をお願いします。まず、山谷えり子先生お願いします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■