救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「膠着状況が続 く朝鮮半島情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



◆北朝鮮にいる被害者は日本の「平成」という時代を知らない

飯塚繁雄(田口八重子さん兄、家族会代表)
 皆さん、こんにちは。被害者を取り返そうという取り組みを今まで何度も行ってきました。結果は徐々に出始めているという見方もありますが、根本的にはあまりに長い時間がかかってしまっています。考えてみれば、北朝鮮にいる被害者は日本の「平成」という時代を知らないんですね。全くそのままの状態で監禁されている。
 日本にいる我々は「平成」という時代に、被害者を取り戻そうという活動をあらゆるところでやってきました。そして国民的な理解が広がり、政府には助け出すための組織ができ、家族会や救う会、そして自治体や何とか助けようという有志の方々がものすごい活動をしてきました。
 それらの活動で世論を広め、そうとう固まってきています。実は、この世論があるからこそ救出活動が皆様に後押しされながら続いていると言っても過言ではないと思います。逆に、これらがなかったら被害者は帰ってこないんです。
 我々家族からするといとしい家族ということになりますが、日本国民が拉致されていることの理解が広がり、何とか助けようじゃないかという盛り上がりが出てきています。
 これからどれだけかかるか分かりませんが、国民の支持がなければもう打つ手はないというふうになってしまいます。安倍総理は自分の任期中に必ず救出するという意識を今も持っておられます。私たちはこれに期待し、信頼しているわけですが、分からないのは取り巻く状況がどう変わっていくのか、あるいは今現状がどうなっていてどうなるのかということです。それがいいことかどうかの判断もなかなかつかないわけです。
 従ってこういう会合の中で先生方の意見を聞いていますが、こうすればいいとはなかなか言えません。色々な意見を聞きながら、期待し、注視していくしかないと思います。
 今年も既に終わり、まもなく令和2年になってしまいます。本当に今こそ、今の状況をうまく利用しながら今後に展開をしていくことが重要と思います。担当大臣も「やります」とはっきり言っていますので、期待し応援していきたいと思います。
 家族会のメンバーもどんどん歳を取っていきます。つらい思いもしています。少しでも早く家族と会えるように期待していきたいと思います。ありがとうございました(拍手)。
櫻井 家族会代表としての様々な思いをこめたご挨拶だったと思います。つぎに、拉致議連会長で元拉致問題担当大臣の古屋圭司さんに主催者を代表してお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■