救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「膠着状況が続 く朝鮮半島情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



日米を中心とする国際社会は、北朝鮮が核・ミサイルの完全な放棄をしない限り制裁を維持・強化するという断固とした姿勢を崩していません。金正恩が核ミサイルの廃棄と拉致被害者の全員返還を決断するまで国際圧力が続き、それを実行するなら経済再建への道が開けるという枠組みができました。
 その枠組みの中で、いま金正恩政権とトランプ政権のにらみ合いが続き、拉致問題も膠着状態に陥っていますが、今年12月13日に東京で開催された国際セミナーでは、米朝関係、中朝関係、北朝鮮の内部情勢を論じた上で、金正恩に「すべての拉致被害者の即時一括帰国」を決断させるために、日本がどのように動くべきかを考えました。


飯塚繁雄(田口八重子さん兄、家族会代表)

古屋圭司(拉致議連会長、元拉致問題担当大臣、衆議院議員)

菅義偉(拉致問題担当大臣、内閣官房長官、衆議院議員)

バンジョン・パンチョイ(タイ人拉致被害者アノーチャー・パンチョイさん甥)

海老原智治(北朝鮮に拉致された人々を救援する会チェンマイ代表)

山谷えり子(自民党拉致問題対策本部長、元拉致問題担当大臣、参議院議員)

竹内 譲(公明党拉致問題対策委員長、衆議院議員)


西村智奈美(立憲民主党拉致問題対策本部副本部長、衆議院議員)

源馬謙太郎(国民民主党拉致問題対策本部事務局次長、衆議院議員)

鈴木宗男(日本維新の会、参議院議員)

北村経夫(拉致議連事務局長、参議院議員)

ジェイムズ・スネドン(北朝鮮による拉致濃厚デヴィッド・スネドンさん兄)

マイク・リー(米国上院議員、共和党)

クリス・スチュアート(米国下院議員、共和党)

エイドリアン・スミス(米国下院議員、共和党)

島田洋一(救う会副会長、福井県立大学教授)

古森義久(ジャーナリスト、麗澤大学特別教授)

矢板明夫(産経新聞外信部次長)

西岡 力(救う会会長、モラロジー研究所教授)

古森義久(ジャーナリスト、麗澤大学特別教授)

西岡 力(救う会会長、モラロジー研究所教授)

古森義久(ジャーナリスト、麗澤大学特別教授)

西岡 力(救う会会長、モラロジー研究所教授)



  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■