救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

米朝実務協議後の北朝鮮情勢と拉致問題全報告-東京連続集会108_26



◆交渉のために圧力の一部を使ってはならない

西岡力(救う会会長) 制裁を維持し、穴を塞ぐ機会があれば強化する。そして段階的・相互的という安易な譲歩はせず、我々としては核の全面廃棄と全被害者の即時一括帰国というこちらの要求を絶対降ろさないことです。
 苦しいけれども要求を降ろして、見てくれの交渉の進展を求めない。圧力は北朝鮮を動かすためのもので、交渉を進めるために圧力の一部を使ってしまったら、最後の結論としていいものは出ません。
 安倍総理が、「無条件で金正恩と会う」というのを我々が支持している理由の一つは、無条件というのは会うために面会料を払わないということです。米支援をしたり、制裁を緩めることもしないということです。それは正しい判断です。
 トランプ大統領もまさにそうです。無条件で会っているわけです。会うために制裁を緩めたりしていない。そうすると「制裁を緩めてくれ」と向こうが会いにくるんです。
 交渉ができないことが苦しい。苦しいから制裁を緩めると過去と同じ失敗になる。今の状況は苦しいが圧力は緩めない。要求を下げない。我々は繰り返し、全被害者の即時一括帰国を言うだけです。認定・未認定に関わらず全被害者の即時一括帰国と言い続ける。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■