救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

米朝実務協議後の北朝鮮情勢と拉致問題全報告-東京連続集会108_23



◆北朝鮮がボルトンを辞めさせた、と北は判断


島田洋一(救う会副会長、福井県立大学教授) まずボルトンを辞めさせた、と。これは北朝鮮の成果だ、と。つまりトランプ氏がボルトンを辞めさせた理由の一つとして、リビアモデルを持ち出して金正恩が怒った。金正恩が怒るのは当たり前だ、と。完全にトランプ氏が北朝鮮に騙されています。
 ボルトンが言うリビアモデルとはあくまで核と大量破壊兵器に限った話で、それを廃棄すれば制裁を解除しますよ、と。リビアは制裁を解除され、石油を輸出で来て豊かな国になったんです。その後カダフィが暗殺されたのは「アラブの春」の波に巻き込まれてからですから、だいぶ後になってからです。
 北朝鮮は、ボルトン派「リビアモデル」という言葉で武装解除させた上で殺そうという意図を明らかにしている。そんなやつは切れ、と金正恩がトランプに言ったのだと思います。それだけが理由じゃないですが、そうかと言ってトランプ氏が切った。これは北朝鮮側の作戦の勝利と向こうは総括していると思います。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■