救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

米朝実務協議後の北朝鮮情勢と拉致問題全報告-東京連続集会108_19



◆中国人の北朝鮮での行動をアメリカのメディアに書かせたらどうか

西岡 もう一つ。北朝鮮では人民元が使える。中国は今外貨で困っていますが、人民元で観光旅行ができるのは北朝鮮だけです。羅津(ラジン)と先鋒(ソンボン)にはカジノもあり、マカオが遠い人たちは羅津、先鋒でばくちをやっている。平壌では夜遅くなると酒池肉林のようなこともできる。
 少し渡せば担当の保衛部員がいなくなって、カラオケ場の女性を連れて帰ることもできるそうです。人件費が安いからそういう費用も安い。人民元で払えるので中国人が喜んでリピーターが多いそうです。
 中国が投資したビルもあり、1階がカフェで2階がサウナで3階が高級焼肉屋というようなものが平壌にけっこうできているそうです。北朝鮮でトンジュ(金主)と言われる人と中国が組んでやっているようです。
 そういうもので一定の外貨を得ている。観光をやめろとは国連制裁には書いてない。しかし、核開発をしている国の外貨を止めようとして国際社会が協力してやっているのに、観光客をドーンと送って外貨を落とすというのは国連制裁のセンスに反していると思います。
 私が聞いたのは、裏で中国共産党が中国の旅行業者に補助金を出している。それなら事実上の制裁破りに近いことだと思いますが、その話を長く北京特派員をやっていた産経新聞の矢板記者にしたら、こういうことでした。
 「私が聞いているのは現金の補助金ではない。今中国人は台湾に観光旅行に行きたい。しかし中国共産党は蔡英文政権をいじめるために中国人の観光客をあまり送れないようにしている。それで台湾の観光産業が困っている。人数枠があってかなり絞っている。中国の観光業者は台湾観光の枠がほしい。北朝鮮に何人送ったら台湾観光の枠を何人もらえるという連動制になっている。補助金を使わなくても誘導することができる。北朝鮮観光を少し安くしても、台湾観光でもうければいい」と。
 その他ハッキングで一定の外貨を稼いで、バイデン政権に期待して、「寧辺をやめるから制裁を解除しろ」と、ハノイで金正恩が出した枠組みを崩さないで頑張ろうとしているのか。
島田 中国人の小金を持っている成金が最近北朝鮮に行って酒池肉林をしているという話は我々は西岡さんから何回も聞いているし、日本でも広まっているかと思いますが、これをアメリカのメディアに取り上げさせるようにしたら相当影響力があると思います。
 すると北朝鮮がけしからんという話と、中国がけしからんということになり、今中国を批判する記事が左の「ニューヨーク・タイムス」から「ウォールストリート・ジャーナル」までがんがん書いていますから。特に、「ウォールストリート・ジャーナル」は北朝鮮の内部に入った取材記事を書いています。保守派に影響力の強い新聞です。
 具体的にはアラスター・ゲイルという記者が東京にいて日本語もできますから、西岡さんや政府対策本部から「ウォールストリート・ジャーナル」の記者に取材のコツを教えて、アメリカのメディアに書かせるのが大きいと思います。アメリカなら中国に対して圧力をかけるかもしれません。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■