救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

米朝実務協議後の北朝鮮情勢と拉致問題全報告-東京連続集会108_11



◆第一の山は米朝協議で核・ミサイル廃棄

西岡 一つは、この圧力に耐えかねて北朝鮮が核・ミサイルをかなりの部分、すべてというのはリビアだって隠していたということですから100%というのは難しいかもしれませんが、かなりの部分を放棄する決断をすることです。
島田 リビアは核・ミサイルは全部放棄して、マスタードガス等化学兵器を少しはずしたんですね。
西岡 毒ガスを隠したんですよね。9割5分とか、9割8分は止めさせなければならない。それをしないと本当に政権が倒れるぞという圧力をかけ続ける。自分の身も危ないぞという圧力をかけ続ける。
 米朝が安易な合意ではなく、核・ミサイルが無くなったと我々が判断できる程度の合意ができれば、その合意の中に日本からの経済協力資金が組み込まれています。金正恩とすると核・ミサイル開発に投資したお金を出せと必ず言いますし、トランプ大統領も「豊かな国になる」と言っていますので、経済協力資金のスポンサーが必要なわけです。
 従って米朝が進んだら、必ず日朝が進まなければ最後の話し合いにならない。金正恩は核だけ取られてお金が来ないという取引はしませんから、米朝が終わったらその場で安倍さんとやると想定しています。あるいは時差をおかないでやる。これが1つ目の山です。
 1つ目の山をもう少し早くできるのではないか、今年の後半にはなにか動きがあるのではないかと思っていたんですが、その一つ目の山もまだ越せないでいる。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■