救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

米朝実務協議後の北朝鮮情勢と拉致問題全報告-東京連続集会108_06



◆2017年5月頃に反体制組織による金正恩暗殺未遂事件が

西岡力(救う会会長)
 2017年5月頃には、北朝鮮の中の反体制組織が、韓国の朴槿惠(パク・クネ)政権の国情院と連絡を取りながら、多分毒ガスだと思われますが、生物化学兵器を使って金正恩を暗殺しようとする事件を起こしたが、それが爆発しなかった。そして反体制組織の人間が捕まって処刑された。
 その反体制組織の人間と直接連絡をとっていた韓国NGOのリーダーと私が今年の8月に会って確認した話です。北朝鮮の中に反体制組織があった。そのリーダーは海外に出ていたんですが、海外に出ていた時韓国NGOのリーダーに電話をしてきた。
 こういう構想で暗殺後の北朝鮮の組織を作りたいと話をしていたそうです。そして2016年12月頃に何かを持って北に帰った。その「何か」については韓国NGOのリーダーは関与していないそうです。
 北朝鮮が突然、「朴槿恵と李炳浩(イ・ビョンホ)国情院長は許せないと、最高指導者を暗殺しようとした犯人だから引き渡せ」という発表を2017年5月にしました。
 その数か月後、文在寅(ムン・ジェイン)政権は国情院長を逮捕しました。今も刑務所に入っています。職権乱用ということですが、明らかに無理な法律の適用だと思います。そういうことが起きています。
 その反体制組織には金日成の一族も入っているそうです。北朝鮮内部とつながりがあったNGOリーダーはそう言っていました。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■