救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告



◆最高指導者がもう1回米朝会談を決断する機会がくる

西岡 力(救う会会長)
 皆さん、今日はありがとうございます(拍手)。北朝鮮は個人独裁国家ですね。指導者がすべての権限を持っているわけです。今までその指導者に日本のトップが会う機会が2回あったわけです。
 今の指導者のおじいさんに金丸さんたちが会った。先ほども少し議論になりましたが、実は曽我さんはその時テレビで日本の政治家が来ているというのを見ていて、「日本の政治家が来ているなら自分のことが議題になっているはずだ」と日本の政治家を信じていたんです。
 しかし議題にならなかった。だから何も動かなかったのです。その2年前に日本政府は国会で、拉致のことを認めていたにも関わらず金日成には伝わらなかった。
 そして息子の代になって、今度は小泉総理が拉致を議題にして話をした。しかし嘘の報告書、紙を確認しないで、「死んだ」という報告になって拉致は最優先ではなかったんだなと私たちは思いました。
 おじいさんの決定と息子の決定をかえられるのは、孫の独裁者ただ一人です。もう1回、安倍総理が会うチャンスが来るわけです。「拉致はない」と言っていたのが金日成です。「あったけど8人死んだ」と言ったのは金正日です。全員返すという決定ができる人が今トップにいて、その人と会うことができるかもしれないチャンスが近づいてきている。
 しかし、そこでも嘘をつかれたらどうなるのか。1回チャンスは来ると私は言っているんです。独裁国家の中ですべての権限を持っている人に、「日本からの経済協力がほしいなら被害者を全員返しなさい」と言えるチャンスが来る。アメリカもそのことをしろと向こうに言っている。そういう枠組みができている。
 しかし向こうがどう出てくるかはまだ分からない。でも北朝鮮という国は、トップに会い、トップに決断を迫るしかない。今のトップはまだ日本と一度も接触していない。これが我々が与えられている条件です。
 この条件をどう最大限に活かすのか。そのために経済的圧力をかける。アメリカを中心とした軍事的圧力もかける。マクシマムプレッシャーという言葉がありました。2017年北朝鮮が合計40発の弾道ミサイルを撃ち、3回の核実験をした時、中国の習近平主席は「私は北朝鮮とコネがあるから任せてくれ。100日待ってくれ」と。トランプ大統領がまかせたらまた核実験をしました。
 それでやはり、「安倍晋三の言うことが正しい。マクシマムプレッシャーだ」と言って厳しい制裁がかかった。今国連の制裁の結果、北朝鮮の貿易輸出の9割がカットされました。北朝鮮は2016年に28億ドル輸出していたんですが、今は3億ドルです。25億ドルの外貨が毎年無くなっていくんです。
 中国が、水産物を買ってはいけないとなっているから、近海にイカ釣り船を入れてお金を送ったり、観光客を入れたりしていますが、経済が復興するところまではいっていないのが事実です。一息はつかせているかもしれませんが。
 そのことも制裁違反と厳しく言わなければいけませんが、圧力をかけたら話し合いが始まった。そのマクシマムプレッシャーをやったのはボルトンさんではないんです。ボルトンさんは2018年に就任したのですが、その前2017年にマクシマムプレッシャーがかかっていた。
 ボルトンさんには私たちは何回も会ってきましたからがっかりはしましたが、枠組みは崩れていない。最高指導者がもう1回決断する機会がくるだろうというのが今の私の現状分析です。
櫻井 ありがとうございました。現状分析を見ると、北朝鮮はかなり追い詰められているわけです。だからこそもっと追い詰めていかなければならない。追い詰めていって、金正恩が本当に心を開いて、自分自身が生き残るためにはどうしたらいいかという正念場を迎えて、決断しなければならなくなるというのが、横田さん、飯塚さんがおっしゃったことです。
 今まで日本政府は国連制裁決議を主導し、最強のアメリカという国の大統領を納得させ、今の状況を作ってきたわけですが、ここで足踏みをしているように見えると私は言いましたが、ここからさらに進んでいくにはどうしたらいいか。
 例えば、ボルトンさんは2018年の春に就任し、マクシマムプレッシャーはその前に確立されていたとはいえ、ボルトンさんという人はすごく原理原則にこだわる人です。またトランプ大統領に原理原則にこだわらせようと一生懸命なだる方です。
 このボルトンさんがいなくなったということが、トランプ外交に少なからぬ景況を及ぼすのではないかという見方があります。私たちはもちろんアメリカ外交の専門家ではありませんが、トランプさんの外交を見ていて、懸念があるかどうかお聞きしたいと思います。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■