救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告



◆10月12日に神戸でデモと集会を

荒木和博(特定失踪者問題調査会代表)
 本日はたくさんの皆様、ありがとうございます。先ほど大澤さんが今井さんに交代になるという話がありましたが、昨日の三役会と、今日の懇談会で決まりました。正式には10月1日付で会長になっていただきます。併せて、副会長に先ほど紹介された吉見美保さんと植村照光さんが就任されます。
 一つ宣伝ですが、これはパンフレットですが、特定失踪者、政府認定被害者も含めてですが、それぞれの簡単な失踪状況、年齢を書いたものが一冊200円で、外で売っていますので帰りがけにお求めください。
 次の話はここにおられる方々の63%くらいから嫌われるんじゃないかと思いますが、このパンフレットを作りました直後に警察は、山形県出身で昭和58年に失踪した斎藤武さん、横浜で失踪されていますが、「見つかった」と発表しました。ニュースでご覧になった方もいると思います。そこで顔写真にシールを貼って修正をしてあります。
 だいたい我々がこういうパンフレットを作ったり、集会をやるぞという時になると警察は「見つかりました」と発表します。斎藤さんの件で悪質なのは、実は見つかったのは去年の4月なんです。1年半前に遺体で見つかっています。
 遺体で見つかって誰だか分からない場合は、行旅死亡人、つまり行方不明遺体ということで官報に掲示して、各自治体が出すことになっているんですが、私たちの特別調査班で官報を全部、該当する時期についてコピーして調べました。しかしこの中にありません。
 行旅死亡人でなかったということは、発見されてからまもなく、本人と特定できたということです。にも関わらず1年半もかけて出してくるというのはどういう意味があるのか。
 しかも警察はご家族に話をしたと言われているようですが、我々が知ってる限りのご家族は、それについては聞いていない。先ほど何人もの方が、「一致団結して、一丸となって」という話をされました。私もそうだと思いますが、そういうのを警察が邪魔してたらどうしようもないでしょう。そんなことは今までも山ほどある。
 山本美保さんのDNAの事件でもそうですが、色々な特定失踪者の事件でそれを拉致だというふうにすることをいかに邪魔されてきたか。それどころか、様々な所で、今日来られているご家族にもおられるかどうか分かりませんが、裏で、「あれは女ができた」とか、「男ができた」という変な噂を流して、そういう方々の動きを妨害することを公的機関がやっているのが、残念ながら現状です。こんなことで一致団結などできるわけがない。
 昔、今の内閣官房の拉致関係の部局で、そこの責任者の方とお話をしていて、その方が「政府は一丸となって拉致問題に取り組んでいます」と言われました。私は聞いていて、「どう考えてもそうは見えないんですけど」と言ったら、隣にいた次席の方が深くうなづいていましたので、おそらく一丸となっていないんだろうと思います。
 その点は、我々はもっと厳しく物を見ていかなければいけないのではないかと思います。
 先ほど、立憲民主党の村上さんのご発言に対して、櫻井さんが憲法改正のことをおっしゃいました。私はほかのことは分かりませんが、私が考えている限りでは、今の安倍総理がやろうとしている憲法改正と拉致被害者の救出とは、何の関係もないと思います。
 今のこの状況で憲法を改正しても拉致被害者を取り返せるわけがない。逆に言えば、今の憲法だってその気になれば、いくらでも取り返すことができると思います。
 我々は10月12日に神戸でデモと集会を行います。関西地区の集会は初めてですが、金正恩、先ほど横田早紀江さんはお友だちのようにと言われましたが、金正恩の母親はご存知のように大阪の鶴橋出身です。父親は帝国陸軍の軍事工場で仕事をしていた。
 まさに文在寅が聞いたら憤死しそうな人なんですが、そういう関係があるんだから、日本出身の人間の息子なんだからちゃんと日本と話し合いをしろということを、できるだけ嫌味たらしくアピールして向こう側に意思を伝えようと思っています。神戸の集会に参加いただける方は是非ご一緒に参加してください。以上お願いして、私からのご挨拶とさせていただきます(拍手)。
櫻井 荒木さん、ありがとうございました。荒木さんの話も含めて、今日本人が内輪もめするのではなく、心一つにしてまとまらなければならないと思います。ありがとうございました。
 ではここで西岡さんに、来賓のご紹介をしていただきます。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■