救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告



◆一日も早く日朝首脳会談を実現してほしい

今井英輝(今井裕さん兄、特定失踪者家族会会長)
 皆さん、こんにちは。私は青森県弘前市から来ました。大沢会長が今まで頑張ってきましたが、体調を崩し、今回から私が家族会の代表として頑張っていきます。宜しくお願いいたします(拍手)。
 私は前に銀行に勤めていましたが、平成14年に退職した時に、この拉致問題が起きました。北朝鮮の金正日氏が拉致を初めて認めて、5人が帰ってきました。あれから17年経っています。その17年の内、誰一人としてまだ帰ってきていません。民間では、一生懸命頑張っても成果が上がらないというのは、やっていないという非常に厳しい評価になります。
 実は今回誰も言わなかった日本の初代の中山恭子拉致担当大臣、私は平成14年に内閣府でお会いしました。帰る時に、中山恭子大臣が、「必ず特定失踪者の人たちも帰させます」と約束をされてから17年です。拉致担当大臣は今まで何人変わったでしょうか。
 北朝鮮は、宋日昊(ソン・イルホ)という外交官が日朝国交正常化大使になり、平成14年から現在までただ一人、一人で担当しています。日本の拉致担当大臣は、変わる度に期待と失望の連続で、今日まで続いています。
 拉致被害者として北朝鮮が認めた12人、警察庁で調べた北は北海道南は沖縄まで879人、これがまだ一人も帰ってきていません。なぜ帰ってきていないのか。それは日本の要求するものと、北朝鮮が要求するものとの乖離が大きいからいつまで経っても話が進展しないと思います。
 宋日昊日朝国交正常化大使が変わらないのは、交渉に参加しているだけで何の権限も持たない。最終的な権限を持っているのは金正恩氏です。日本の大臣も交渉で権限を持っている人はいないと思います。最終的には、安倍総理と金正恩氏の決断です。アメリカのトランプ大統領等、色々な国の支援を受けて交渉に当たっていますが、両国の首脳会談を一日も早く行ってほしいと思います。
 拉致された人たちは、中学生から30再未満の将来のある若い男女です。家の跡継ぎになる人もいたかも分かりません。日本を変えるだけの力を持った人もいたかもしれません。その人たちがもう40年も50年も経っているんです。
 早く取り戻して、日本がこれくらい変わったという状況を見せたいと思います。拉致された人も高齢化しています。拉致された人の親はどんどん亡くなっています。一日も早く日朝首脳会談を実現してもらうよう願っています(拍手)。
櫻井 今井さん、ありがとうございました。次に竹下竹下珠路さんに紹介をお願いします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■