救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告



◆20年前まで家族は本当に孤独の戦いをしていた

黒岩祐治(北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会会長、神奈川県知事)
 全国の知事の思いは一つです。その思いをお伝えするために、今日は主催者としてご挨拶をさせていただきたいと思います。
 先ほど話がありましたが、拉致問題を世界に発信するツールとなっている、アブダクションというドキュメンタリー映画があります。「めぐみ−引き裂かれた家族の30年」というものですが、その映像は私の友人である二人のアメリカ人の監督から依頼をされて、私が当時勤めていましたフジテレビから提供したものがベースになっています。
 その中で、実はみなさんご承知ではないと思いますが、あの映画の中に出てくるワンシーンの話を少ししたいと思います。昔、「小川宏ショー」というのがあったのをご記憶でしょうか。そこに横田早紀江さんがご出演になって、「めぐみちゃんどこにいるの!早く帰ってきて」と必死で訴えているシーンがありました。
 これはまだ、「北朝鮮による拉致問題」という言葉がなかった時代の話です。その時は、「めぐみちゃんが急に消えちゃった。どこに行ったんだ」とずっと探し続けて20年。その思いを必死で訴えている早紀江さんがそこに写っています。
 この映像が手に入ったのは奇跡でした。当時のあの番組は生放送でした。記録されてないんです。ところがたまたま自分のホームビデオで記録していたプロデューサーがいたんです。そこから映像を取り出してきたのがアブダクションの映像でした。
 その映像を見て何が分かるか。つまり今日はこうやって全国集会をやっています。総理大臣も来られた。官房長官まで来られた。そして多くの国会議員。これだけみんなで頑張っていこうという話になっていますが、20年前までは本当に孤独の戦いをされていたということです。
 これだけ歴史が変わってきた。我々は改めて繰り返し自分の中に問い直さなければならない。大きな盛り上がりを見せたが、これがゴールではないということです。このゴールによって本当にめぐみさんたち、拉致被害者の皆さんを全員取り戻す。それが絶対のゴールであることを忘れてはならない。今日改めてその思いを胸に誓った次第でした。
 皆さん、全員取り返すまで頑張りましょう(拍手)。
櫻井 黒岩さん、ありがとうございました。次に、拉致問題地方議会全国協議会会長で神奈川県議会議員の松田良昭さんにお願い致します(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■