救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告



◆拉致被害者の一括帰国を

高木かおり(日本維新の会拉致対策本部事務局次長、参議院議員)
 本日は国民大集会の場でお話させていただけますことを感謝申し上げます。そして拉致被害者の方々、ご家族の方々、本当に家族に会えない苦しさ、苦悩、胸が張り裂けそうな思いで先ほどお話を聞かせていただきました。
 拉致被害者の救出に直接的につながると考えられ、大きな期待が寄せられた米朝首脳会談ですが、G20、大阪サミット後の板門店会談を含めて、これまでに3回行われたにも関わらず大きな進展があったとは言えない状況です。
 北朝鮮は、すぐに発射できる固体燃料の新型ミサイルの開発に成功し、今日でも発射実験と称する恫喝を私たちに繰り返してきています。トランプ大統領は、アメリカに届かないミサイルは容認するような姿勢を見せ、米朝首脳同士では解決の糸口がなくなってしまったかのように見受けられます。
 しかし我々は、一日も早い拉致被害者全員の帰国を諦めてはいません。今こそ立ち向かわなければならないのです。政府には様々な外交ルートを駆使し、日朝首脳会談を実現させるなど、拉致問題の一刻も早い解決に向けた努力を引き続きお願いしたいと思います。
 今日本の周辺海域では、北朝鮮の瀬取りの監視のために、米国だけでなく、イギリス、フランス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドといった自由の価値観を共有する国々が航空機や艦船を参加させて、監視を進めています。
 また国連安保理決議による制裁は、確実に北朝鮮の活動の幅を狭めてきています。私たち日本維新の会はこの活動の成果に期待を込めると共に、本日ご参集の皆様を初め、日本国民の皆様と共に、拉致被害者の一括帰国をしっかりと掲げ、努力していきますことをここにお約束申し上げ、私からのご挨拶とさせていただきます。共に頑張りましょう(拍手)。
櫻井 高木さん、ありがとうございました。では次に、この会場にも多くの政治家の方々がお出でくださっています。参議院議員で、拉致議連事務局長の北村経夫さんにご紹介をお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■