救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告



◆一目でいいから、「頑張ってきたね」と言って抱きしめてあげたい

横田早紀江(横田めぐみさん母)
 皆様、こんにちは。長い間忘れることなく、拉致被害者の救出のためにいつも心を寄せていただき、このように会場に集まっていただき、本当にありがとうございます。
 みんなこんなに長い年月、めぐみたちが帰ってこないとは思っていませんでしたので、何年待てば帰ってくるのだろうと苦しい思いをしています。一生懸命活動をしてくださる政府の皆様や国民の皆様のご支援があっても動いていかない。それは向こうの国の体制もあり、金正恩という一人の父親であるはずの方の思いが、人間的な思いではないのかもしれませんし、あちらの国の体制の中で動いていかないのが一番大きな問題だと思います。
 金正恩氏にどうしたらそういう思いを直接伝えることができるのかなと、いつも思います。政府の皆様にもどなたでも結構ですから、金正恩氏と対決していただいて、喧嘩ではなく友だちのように、また厳しい思いできちっとお話をしてくださる方が早く行って、安倍総理が一番適切な方ですから対決してほしいと思います。
 そのチャンスがなかなか難しいのだと思いますが、今まで何度もチャンスがあったと思うのです。今回はきっと何かが起きるのではないかといつも思いながら頑張ってきましたが、なかなか思うように動いていかない。この悲しさは被害者でなければ分からないと思います。
 あちらにいる者はどこまで情報をキャッチしているのか分かりませんが、また今度もだめだったのか、また帰れないのかという思いで、歯を食いしばってまた何年か頑張らなきゃと思ったりしているのかなと思います。
 何しろ私たちにはあちらにいる子どもたちのことが見えない、全く分からない。どうしているのか本当のことが分かっていない。その辛さがあり、家族会はみんな大変だと思います。
 家族会の方も両親の方々はどんどん天に召されましたし、私の主人も体調が弱ってきています。飯塚さんもお疲れになっています。有本恵子さんのお母さんも、ぎりぎりのところで一生懸命頑張っていらっしゃいます。
 一目会うまで、一回でいいから、こんなに長い間会えない状態になっていたので、一目でいいから、「頑張ってきたね」と言って抱きしめてあげたい。その一刻だけが私たちはほしいんです。それがあれば、いつでも、どうしていただいても結構ですと、私はいつもお祈りしていますが、どうかこのことだけは、完璧な成就を見るまでは頑張らなければと思っていますので、どうか日本国民の皆様の大きな力をいただいて政府を動かしていただき、それが実現しますように、金正恩に心が届きますように、どうか宜しくお願いいたします。ありがとうございます(拍手)。
櫻井 早紀江さん、ありがとうございました。次に拉致被害者であり、お母様のミヨシさんがまだ帰国していません。曽我ひとみさんにお話をいただきたいと思います(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ アニメ「めぐみ」 ■ 

■ 書 籍 ■