救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢-東京連続集会107



◆今の制裁は金正恩の幹部たちに効いている

金聖玟(自由北朝鮮放送代表、脱北者)
 「朝鮮は平等な社会だ。労働者が主人だ」と言いますが、
 北朝鮮ほど身分の差があるところはない。実は幹部たちは専用の供給所で配給を受けています。それも1号、2号、3号と別れていて、各号供給で何をもらえるか決まっており、この仕組みは苦難の行軍後も続いています。
 例えばタバコは一日一箱とか、肉はどれくらいと決まっていたのが、最近それがどんどん悪くなって、幹部の供給所が今は90年代の住民たちの配給所と同じになったと言われています。
 一般幹部の1号、2号、3号供給対象の上に、労働党中央委員会書記局対象というのがあり、それが最高幹部です。また各道の党書記とか政治幹部、軍隊で言うと師団長以上にはクレジット・カードが配給されています。
 それには2種類あって、一つは北朝鮮の通貨しか使えないもの、もう一つは外貨が使えるもので翼の絵が書いてあり、「翼カード」と呼ばれます。職位によって月500ドルから1500ドルまで使えるようになっています。
 それをどこで使うか。今中国との合弁で大型のスーパーマーケットが6個できており、マートと言います。何でも揃う。それ以外に、外貨商店の大型化されたものが10いくつあり、計約20か所で自由に物が買えた。
 これは金正恩が導入したそうですが、トンジュという大金持ちが出てきて、軍や党の幹部がトンジュにペコペコするようになっては困るということで外貨を自由に使わせようということになったそうです。それが何と2017年11月から止まった。「翼カード」が使えなくなった。金正恩が2017年11月に外貨が本当に不足していると感じたからではないかと思われます。
 次にガソリンスタンドについて。北朝鮮でガソリンスタンドがいつできたのか。北朝鮮では、2002年くらいにできた。それまでは、車はすべて所属が決まっています。どこの党とか、どこの工場とか。そして所属する場所にドラム缶で来ていた。それを節約しながら使う仕組みだった。
 それが2002年になって平壌と地方都市にガソリンスタンドができた。そこでも自由に買えるのではなく、配給のように「自分はどこの工場の支配人だ」と立場を示し、配給票を持っていってチェックしてもらって、配当されたガソリンを買っていた。
 しかし、去年の初めからガソリンスタンドでは買えなくなった。買えるのは727という番号のついた車両だけになった。これが先ほど言った中央党の書記局対象の部署が持っている車です。
 昔の幹部は216という番号をつけていた。これは金正日の誕生日ですが、金正恩になって727になった。727は朝鮮戦争戦勝記念日で、この番号をつけているのは金正恩の幹部で、ガソリンが買える。
 ではどこからガソリンが来ているか。脱北者者に聞くと、軍隊から戦時用のガソリンを盗んで公開処刑されたのを見ない人はいないくらいです。実は軍隊のガソリンの量は減っていないように見える。それは盗んだ分水を入れるからです。そうやってどんどん戦時用のガソリンがチャンマダンに流れ出ている。
 あるいは密輸で中国からドラム缶が川を越えて入ってくる。そういうものが多いので、先ほど言ったサービス車もどんどん増えていった。ガソリンスタンドで配給がなくなっても、車は活発に動いている。
 昔私が軍隊にいた時、金正日が軍隊の幹部たちに、俺はこんなに偉いんだということを見せるために、軍団長にベンツを贈り物をしたことがある。数年後には師団長にも贈り物をした。その後ベンツの車はこなかったので語り草になっています。
 ところが金正恩は自分の誕生日に、そのような高級な輸入品を配ることができなくなり、国産になった。しかし、去年と一昨年の誕生日には、スイスや中国製の腕時計が配られた。それは新しく買ったのではなく、倉庫にあった在庫品を配ったそうです。多分型が古かったのだと思います。
 そして公安機関、国家保衛部は政治警察で人民保安部は一般警察の要因への配給が悪くなった。本人には出ていますが、過去に出ていた家族への配給はなくなった。そうするとどうなるか。彼らが脱北者の家族のところに行って、頭を下げて金をくれという。昔は脱北者の家族に、「お前の家族は南に行っただろう」でしたが、最近は「南に行かれましたよね。最近送金はなかったですか」と聞く。そういう現象が起きている。
 過去の北朝鮮では、帰国在日朝鮮人が羨望の対象でした。思想的成分(階級)は悪いのですが、日本からお金や物が来る。制裁の影響で今それが来なくなって、次に羨望の対象となったのが華僑です。中国から物が来る。今は脱北者の家族です。脱北者3万人がせっせとお金を送っている。
 それだけではなく、脱北して韓国には来ないで中国にいる人たちが10万人くらいいる。その人たちも、苦労しながらですけど送金している。その家族が羨望の対象になっています。
 ですから今の厳しい制裁は、かつて金正恩が外貨で幹部たちの忠誠心を買っていたが、それができなくなったという効果を生んでいる。むしろ一般の住民たちは、影響をそれほど受けていない。そして彼れが生活のために営んでいる市場での経済活動がこれ以上悪化すれば、これは経済制裁のせいか、核開発のせいではないかと、金正恩に対する不満が高まってくる可能性がある。
 とにかく今の制裁は幹部たちに効いているのが事実です。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■