救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢-東京連続集会107



◆対北朝鮮制裁の効果はどのくらいか

西岡力(救う会会長)
 こんばんは。板門店でトランプ大統領が金正恩氏に会いましたが、そこで約束した実務協議も表向きは始まっていないようです。また膠着状態になるのか、いつ大きな動きがあるのかといらいらする毎日です。
 大きく言うと、トランプ政権も安倍政権も、「時間は我々の側にある」と判断しています。その判断の根拠は経済制裁が効いているということです。アメリカは、北朝鮮がアメリカまで届く大陸間弾道ミサイルを持つことを許しません。北朝鮮が2年間で3回の核実験をして40発の弾道ミサイルの実験をした時、空母を3隻送ったり、戦略爆撃機の演習を20回、朝鮮半島周辺で行ったりしましたが、わずか2年前のことです。
 その結果北朝鮮は、核・ミサイル完成の直前になって止め、まだ完成していないというのが多数意見です。いつでも再開できるわけですが、止めた。先週から私はソウルに行って、北朝鮮の内部につながる筋と会いましたが、「まだ完成していない」という話を聞きました。ただ、完成のすぐ近くにいることは間違いない。アメリカはそのことを基本的に分かっていて、軍事的圧力ではなく経済制裁で政策を変えさせる戦略をとっています。
 その経済制裁で北朝鮮の政策を変えさせる対象として、核・ミサイルだけでなく拉致が入ったというのが今の状況で、そのために私たちは色々やってきたわけです。それが効果を上げるかどうかは、経済制裁が一体どれくらい効いているのか、いつになったら金正恩が降伏をしてくるのか。「経済制裁を止めてくれ」と言って、実質的な譲歩をしてくるのか。
 金正恩が拉致被害者を返す決断をいつするかということと、経済制裁がどのくらい効いているかということは相関関係がある。経済制裁が効いているということは事実なんですが、一体どれくらい効いているのか、どこの部分に効いているのか、政権を倒すくらい効いているのか、どのくらいもつのか、ということが今一番の焦点です。
 実は私もそのことのために先週から韓国に行って、北朝鮮につながる人にも会ってきました。また、そういうことは北朝鮮内部のことを知っている人に聞かなければならないということで、去年12月に大きな病気をして復帰した後初めて金聖玟さんに東京に来てもらいました。
 まだ病院に通っている状況で完治したわけではないのですが、活動を再開しているということで電話をして、制裁がどう効いているか調べてほしいと頼んだら、「調べてから行きます」と言って、色々なデータや今北朝鮮の内部と直接電話がつながりますから、そういう調査をして今日来てもらいました。
 金聖?さんと私は20年近く一緒に、北朝鮮内部に真実を伝える、その真実の中にある拉致問題も伝えるということをやってきましたので、同志的な関係ですが、まだ大きな病気が完全に治ってない中で無理して来てくださったことに感謝しています。
 皆さんの手元に金聖玟さんが書いてくれたものの抜粋があります。元はA4で6ページの小論文ですが、それを3ページにしたものを見ながら、「対北朝鮮制裁の波及効果、金正恩の白旗投降は可能なのか」という題でお話をしてもらいます。
 その後私と討論形式で話をし、その後横田拓也・家族会事務局長に感想などを、島田洋一救う会副会長にアメリカから見た観点などを話してもらいたいと思います。宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■